2500年前のミイラ、報道陣の前で公開 エジプトで木棺59基発見

Mahmoud Khaled / AP Photo

◆SNSは呪いにおののく
 世紀の発見が報じられると、SNSは大いに賑わった。インドのニューデリー・テレビジョン(NDTV)は、開封の様子を収めた動画のツイートを掲載している。動画では、手袋をした白衣姿の考古学者が慎重に棺の蓋を取り去ると、中からは幾重もの帯で厳重に巻かれた人型の布が出現する。中にはミイラが納められていると見られる。この動画はネットの注目を集め、3日足らずで2100万回の再生回数を記録した。ちなみに俗説として、古代の棺を開封すると呪いが解き放たれるとも言われている。これを踏まえてツイッターには、すでにパンデミックに見舞われている2020年に棺の封を解くことは考えものだ、とする冗談まじりのツイートが相次いでいる。

 エンタメ情報を扱うシネマ・ブレンド誌(10月5日)も、2020年がこれ以上悪くなりようがないと信じた愚か者たちが古代の封印を解いてしまったと述べ、ミイラ発見の報を面白おかしく伝えている。同誌が紹介するツイートのなかには、ミイラをテーマにした映画『ハムナプトラ』シリーズで主役を演じたブレンダン・フレイザーを引き合いに出し、「お前らはブレンダン・フレイザーから何も学ばなかったのか」と冗談めいた警告を発するものがあった。別のユーザーは開封の動画を引用し、「この映画の終盤にはブレンダン・フレイザーかトム・クルーズが逃げ回ることになる。私は観ない」とお約束の展開を茶化している。発見は考古学者たちを興奮させただけでなく、ネットユーザーの興味も広く引いた模様だ。

次は 実在した黒人侍「弥助」奴隷から信長の家来になった数奇な人生 海外で映画化も




Text by 青葉やまと

Recommends