米で新型コロナ感染拡大が再燃 トランプ氏は「検査数を減らす」

検査の列に並ぶ人々、テキサス州ヒューストン|David J. Phillip / AP Photo

 初夏の訪れとともに新型コロナウイルス感染拡大が落ち着き、アメリカでは5月から経済再開が各州で始まった。感染者数や死者数が最も多かったニューヨーク州では厳格なロックダウンのおかげか感染が大幅に減少。地元局WIVB(電子版)によると、同州のアンドリュー・クオモ知事は6月25日に記者会見を行い、同日時点の新型コロナウイルス入院患者数が996人にまで減少したことを表明した。

 しかし、気が緩んでソーシャルディスタンスやマスク着用を怠る人々が続出したことが原因か、とくに南部州や西部州では感染者数の爆発的な増加を見せている。5月末からアメリカ各地で人種差別に対する大規模な抗議デモが行われているが、CNN(電子版)は、調査の結果、抗議デモでは感染者数の大きな増加はみられなかったと報道している。

◆カリフォルニアやテキサスで感染者激増
 CNN(電子版)によると、ジョンズ・ホプキンス大学は6月25日、同日のアメリカ国内新規感染者数がこれまでの記録となる3万7077人に達したと報告。もちろんこの数は検査を受けた人だけであるため、感染者数はさらに多いものと思われる。

 カリフォルニア州の新型コロナウイルス感染状況を伝えるウェブサイトによると、同州では6月24日、5349人の新規感染者を報告。またCBSニュースは、テキサス州のグレッグ・アボット州知事が24日、同州で新型コロナウイルスの「大規模なアウトブレイクが発生している」と述べたと報道。同州の6月23日の新規感染者数は5489人で、アボット知事は同州の経済再開を一時ストップすると語っている。

 またCNNによると、フロリダ州では6月23日の新規感染者数が3286人に達している。同記事によると、バケーションの旅行先として人気のせいか同州には若年層の新規感染者が多いという。

Text by 川島 実佳

Recommends