新型コロナ、なぜ男性の感染のほうが深刻なのか

Amani A / Shutterstock.com

 新型コロナウイルスによって重症になる感染者数も死者数も、女性より男性のほうが多い。その理由としては、当初、生活リズムや習慣があげられていたが、最近になって生物学的な男性の特徴が新型コロナウイルス感染を容易にしていることを指摘する研究が発表され始めた。

◆重症者も死者も男性が圧倒的
 新型コロナウイルスの患者の男女の比率が均等でないことは、以前から指摘されてきた。パリのピティエ・サルペトリエール病院のシュミット医師は、4月8日にはすでにフランス2局のインタビューに答え「(新型コロナウイルスの重症)患者の4分の3は男性だ」と述べている。ニューヨークのハニ・スビタニ医師も4月7日の時点で「(緊急治療室の)患者の約80%は男性だ」とコメントしている(ニューヨークタイムズ 4/7)。死者数も同様で、イタリア厚生省の統計(24日18時時点)によれば、現在新型コロナウイルスによる死者3万2785人のうち男性が占める割合は59.4%と、女性に比べ明らかに高い。

 フランス・トゥールーズ病院のドゥロベル教授が指摘するように、理由としてはまず「女性は、先天的に免疫が(男性よりも)優れている」ことが考えられる(ウェスト・フランス紙 4/10)。また、男性は、手を洗う回数が少ないなど、女性と比べ衛生意識が低いこと、重症化しやすい高血圧や糖尿病、肥満などの症状を持つ者が多いことなどもあげられてきた。

Text by 冠ゆき

Recommends