世界的に炎上した「インド料理はまずい」ツイート 批判殺到、人種差別議論にも

Joe Gough / Shutterstock.com

 ツイッターで「インド料理はまずい」と発言したアメリカ人男性に対し、インド料理を愛する人々からの非難が殺到。さらにはインド人への人種差別ではないかという意見まで出てきた。重箱の隅をつつくようなネット界の粗探しと不毛な議論に男性はうんざりしている。

◆思慮のない発言? インド料理擁護から差別の議論へ
 渦中の人物は、米海軍大学で教鞭をとるトム・ニコルズ氏だ。安全保障の専門家で、USAトゥデイ紙の寄稿者委員会のメンバーでもある。ニコルズ氏は、ツイッター上の「最も物議を醸す食べ物についての意見を述べて」というお題に応え、「インド料理はひどくまずいが、我々はそうじゃないふりをしている」とツイートした。

                                                                                                                 

 このツイートに、「味覚がないのか」「どこのインド料理を食べたんだ」などの怒りのコメントがあっという間に集まった。多様性のあるインドにはたくさんの料理があるため、ニコルズ氏はその1%以下しか食べたことがないに違いないと解説する人が現れた。また、アメリカでは「エスニック料理」は安いとされることが多く、本物の材料を使わないアメリカナイズされたインド料理が多いことから、ニコルズ氏のような意見が生まれるのだという指摘もあった。

 批判はさらに飛躍し、差別と結びつける意見が続出した。ある人は、マイノリティに対する人種差別的なコメントには、長年においや味に関するものが蔓延していると主張。インド人は匂う、インド料理は臭いなどという白人の差別があるとし、ニコルズ氏の不寛容さが責められた(BBC)。

Text by 山川 真智子