豚コレラがアジアで猛威、370万頭以上処分 世界的に豚肉価格上昇

AP Photo / Hieu Dinh

 国連食糧農業機関(FAO)は、アフリカ豚コレラの拡大防止を最優先課題とするようアジアの各国政府に要請した。中国とベトナムでは、これまですでに数百万頭の豚が処分された。

 FAOの発表によると、アフリカ豚コレラの流行はラオスにまで拡大したという。一部の専門家は、これは史上最大の動物パンデミックだと指摘する。

 FAOの6月20日の報告書によると、昨年8月に中国で最初の発症例が報告されて以来、アジア地域全体で処分された豚の総数は370万頭以上。最も流行が深刻なのはベトナムで、ここでは少なくとも260万頭の豚が処分された。それに次いで深刻なのは中国で、ここまで110万頭以上の処分が報告されている。これらの数字はすべて、アフリカ豚コレラの被害を受けている各国政府がFAOに報告したデータに基づくものだ。

                                                                                                                 

 昨年8月、中国北東部でアフリカ豚コレラの最初の発生報告があった。その後、香港、台湾、北朝鮮、カンボジア、そしてモンゴルでも、中国やベトナムほど大規模ではないものの、それぞれアフリカ豚コレラの発生が報告されている。

「アフリカ豚コレラ」は人間には感染しないが、豚に対しては致死性で感染力は高く、現時点では有効な治療法は知られていない。

 豚肉の主要生産国である中国、そして最も被害の大きいベトナム。この2ヶ国では現在、豚の大量処分と厳格な出荷規制が実施されている。そのため豚肉の価格が世界的に40%上昇し、各国市場で供給が不足する事態となっている。

「これは史上最大の動物パンデミックです。これほど大規模な流行は過去に例がありません」と、香港城市大学で獣医疫学を専門とするダーク・ファイファー氏は述べる。

 食生活の中で豚が重要な位置を占める韓国では、現在6,300の農場で総計1,100万頭以上の豚が飼育されている。そのため国内では、今回のアフリカ豚コレラ流行によって養豚産業が打撃を受けるのではないかとの懸念が広がっている。

 FAOは、「各国が政府レベルの最優先課題として動物感染症の拡大防止に取り組むべきだ」とのコメントを発表し、「何としても、流行防止策が取られなければならない」と危機感を表している。

 これまで中国では、国内34省中、32省の139ヶ所でアフリカ豚コレラの発生が報告された。

 アメリカ農務省は、今年の中国の豚の飼育頭数は昨年比18%減の3億3,500万頭に落ち込むと予測。これは1980年代以降では最低の数字だ。また、オランダの金融機関「ラボバンク」は、中国の今年の豚肉生産量が、最大で35%減少する可能性を指摘している。

 180億ドル規模の養豚産業を擁するベトナムでは、国内で飼育されている総計3,000万頭の豚の約5%にあたる120万頭の豚が、死亡または処分されたと5月中旬に当局が発表した。FAOは6月20日、その数はその後倍増して260万頭に達したと発表。関係当局者の話によると、現地ではウィルスの封じ込めのために軍と警察が動員されたという。

 ラボバンクは、今年のベトナムの豚肉生産量が2018年比で10%減少すると予測している。

 FAO越境性動物疾病緊急センターの地域コーディネーターを務めるワンタニー・カルプラヴィード氏は、ベトナムでの豚の大量処分の結果、同国の多くの農家が深刻な貧困に陥る恐れがあると指摘する。

 先月、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、国内63の省と直轄市のうち58ですでに発生報告のあるアフリカ豚コレラの、さらなる感染拡大を阻止するよう関係当局に要請した。

 首都ハノイ近郊のミードゥク地域では、豚のいなくなった養豚場の周囲に消毒用石灰が撒かれ、豚の移送を制限するための検問所が設置された。

「我々はこの病気の拡大を防ぐために戦わなければなりません」と、フック首相は内閣官僚に向けて呼びかけた。

 現地で養豚業を営むグェン・ファン・ホア氏は、実際にアフリカ豚コレラを発症して死亡した豚は3頭のみだったのに、当局は40頭のブタを殺処分したと嘆いた。これらの豚を含め、先月ミードゥク地区では1万4,000頭の豚が処分され、土中に埋められた。

 現在ベトナムでは、約240万世帯が小規模な養豚業を営んでいる。

 FAOによると、カンボジアでは、ベトナムと国境を接する東部の州で、今年4月以降に2,400頭以上の豚が死亡または処分された。

 カンボジアの首都プノンペン近郊の村・タプラムで養豚業を営むセム・オウン氏は、現在58歳、二児の父親だ。彼は隣国ベトナムからアフリカ豚コレラが拡大してくることを強く危惧している。

「養豚以外に仕事はありませんし、一家の収入はすべて豚に頼っています。わが家の豚が豚コレラで全滅するようなことがあれば、うちの家族も生きてはいけません」とAP通信に語る。

 香港では、中国本土から移送された豚が感染源と特定されたものを含め、これまで2ヶ所でアフリカ豚コレラの発生報告があり、香港の行政当局は、あわせて1万700頭の豚を処分した。またFAOによると、台湾でも、中国本土で流行中のウィルスと酷似した豚コレラウィルスに感染し死亡した2匹の豚が見つかった。

 アジア地域での地政学上の争いが、アフリカ豚コレラの流行拡大防止の取り組みを阻害している面もある。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とアメリカのトランプ大統領の米朝首脳会談が今年2月に破談した後、北朝鮮政府は韓国との協力を縮小した。この結果、中国・北朝鮮の国境付近で発生したアフリカ豚コレラ流行拡大防止のための多国間協力体制の構築にも支障が出ている。

 韓国の農林畜産食品部は、北朝鮮との国境付近の約340の農場で採取した豚の血液の検査結果はすべて陰性だったと発表した。各農場の周辺には、国境地域を徘徊する野生のイノシシ経由で感染が広がるのを防ぐため、トラップやフェンスが設置された。

 北朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、同国の検疫当局が、農場内や輸送車両の消毒、訪問者の制限、豚肉を含む食品類の流通規制などを徹底して行っていると報じた。北朝鮮当局が国家レベルでの検疫措置にあえて言及していることから、アフリカ豚コレラの流行は、すでに中国国境付近から北朝鮮国内の他地域にまで拡大していると推定される。

 現時点ではまだ感染の報告がないタイやその他の国々は、豚肉、ソーセージ、ハム、ベーコンの輸入禁止を含めた厳格な予防措置を講じている。

 タイの畜産振興局のソラウィット・タネート局長は、国境付近の県や検疫実施エリアにおいて兵士らに協力するよう国民に呼びかけた。また各空港では、手荷物検査を支援するビーグル犬などの検疫探知犬が追加で投入されている。

By HAU DINH and SAM McNEIL Associated Press
Translated by Conyac

Text by AP