日本は安全で危険……英消費者協会、人気旅行先の安全度を発表

Vacancylizm / Shutterstock.com

 イギリスの消費者協会発行の機関誌「Which?」が、旅先として人気の世界20ヶ国の安全度を発表した。犯罪、健康、自然災害、テロの4つのカテゴリー別にランク付けされており、人気の旅先にも意外な危険があることが示されている。

◆殺人年間平均2件 最も安全なのはあの小国
 ランキングは、Which?の旅行部門が世界経済フォーラム、世界リスク報告書、英国民健康サービス、外務・英連邦省の統計資料から収集したデータをもとにしている。イギリスの調査なので、今回対象になった国は、イギリス人の間で人気の旅先と理解してよいだろう。

                                                                                                                 

 犯罪面で最も安全と評価されたのはアイスランドだ。2000年以降殺人事件は36件しか起きておらず、年間にすれば平均2件という少なさだ。ちなみに英日刊タブロイド紙サンによれば、2017年のイギリスで起きた殺人は709件だった。アイスランドは人口30万人程度の小国だが、軍隊がないため戦争のリスクも低く、警官も日常は銃を持たず丸腰ということだ。アイスランドに続いて安全とされたのは、アラブ首相国連邦、シンガポール、スペインで、日本は7位だった。

 反対に最も危険とされたのは南アフリカだ。旅行情報サイト『The Travel』によれば、美しい海岸線が魅力だが、個人でガードマンを雇うことも珍しくないほど犯罪が蔓延している国ということだ。ワースト2位以下は、トルコ、タイ、インド、メキシコとなった。日本人にも人気のタイだが、タイ南部には一種の戒厳令のようなものが敷かれているところもあり、夜間の外出は危険すぎるとThe Travelは指摘している。

Text by 山川 真智子

Recommends