ペットの「親権」、子供の場合と同じように判断 カリフォルニア州

AP Photo / Nick Ut, File

 新しい法律の下、カリフォルニア州の離婚裁判所では犬に関する権限が与えられる――おそらく、猫も同様だ。その権限とは、離婚訴訟で家族が飼っていたペットをどちらが面倒を見るかについて、子供の養育権を争うのと同じように紛争を解決することができるというものである。

 これまでのところ、ポチやタマは家族の財産であるとみなされ、家族が所有する大画面テレビとそう大差ない地位しか与えられていなかった。

 カリフォルニア州知事のジェリー・ブラウン氏が9月27日に署名した法案の下では、依然ペットは夫婦の共有財産であるとみなされるが、裁判官が誰が引き取るかを判断する際、誰が餌をあげるか、獣医や散歩に連れて行くか、保護するかといった要素について考慮するよう裁量が与えられる。

                                                                                                                 

「いい考えだと思います。私は自分自身、ロドニー・キングストンという名前の、保護犬だった小さなビションフリーゼ(プードルの一種)を飼っています。彼はまるで家族の一員です」とロサンゼルスに住む家族法専門弁護士のミーガン・グリーン氏は語った。過去彼女が担当した案件のなかには、夫婦がペットをめぐって容赦なく争った事例があった。

 ある案件では、女性が犬は夫からのプレゼントだったと話したが、夫は犬の世話をしていたのは自分だと主張した。彼らは公判の直前にやっと合意にたどり着いた。

 弁護士によると、来年1月1日に施行される今回の法律がなければ、双方がペットと離れ離れになるのは耐え難いと言った場合、裁判官はしばしば合意に達するために想像力を働かせなければならなかった。

 何人かの裁判官は、ペットを引き取りたい人たちの真ん中に犬を置いて、犬がどちらをより好きなのか見極めようとした。家族が2匹のペットを飼っていた場合、裁判官が2匹を別々にするよう提案したこともある。

「もし1匹しか犬を飼っていない場合、裁判所は『1回につき1ヶ月、もしくは1週間犬を引き取れます』といった審判を下すでしょう」と家族法専門弁護士のアトウサ・サエ氏は述べた。

 この法律を導入したヘイワードの民主党員で州議会の下院議員を務めるビル・カーク氏は、「ペットが与えられるにふさわしい、家族の一員という地位を得るときが来た」と述べた。

 カーク氏自身、ルナという名前のマルチーズとシーズーの雑種犬を飼っており、自身を「保護犬を誇りに思っている親」と呼んでいる。

 カーク氏は、強力な協力者を見つけた。ペット愛好家として知られるカリフォルニア州知事、ジェリー・ブラウン氏だ。ブラウン氏はファーストレディならぬ「ファーストドッグ」として、愛犬ルーシー・ブラウンの写真をウェブサイトに載せている。

 ルーシーのプロフィールには、「州知事と婦人と一緒にコルサ郡にある家族の牧場を訪れていない時は、事務所を警備し、州議会議事堂のスタッフたちを先導しています」とある。

By JOHN ROGERS, Associated Press
Translated by Y.Ishida

Text by AP

Recommends