スポンサー続々撤退 侮辱された銃規制運動の高校生、保守派テレビ司会者に「反撃」

AP Photo

 今年2月14日に発生したフロリダ州パークランドの高校銃乱射事件から2ヵ月が経とうとしている。銃暴力統計サイト『Gun Violence Archive』によると、死者17人、負傷者17人を出した事件後、平穏だったはずの高校生たちの生活は一変。中でも同校の一部の生徒たちは銃規制法改正を求める運動の先頭に立ち、メディアにも注目を浴びている。

 そんな中で、右派傾向のある米FOXニュースの人気番組『イングラハム・アングル(The Ingraham Angle)』の司会者であるローラ・イングラハム氏が、同校の銃規制運動の顔となった生徒、デイヴィッド・ホッグさん(17歳)をツイッターで個人的に攻撃。騒動はそこから大きくなっていったのである。

                                                                                                                 

◆企業が次々の広告撤退へ動く
 パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校12年生(日本の3年生に相当)のデイヴィッド・ホッグさんは、銃乱射事件でクラスメート17人を亡くした後、新たに巻き起こった銃規制運動を被害者、そして生存者の視点から先導してきた。そんなホッグさんを攻撃し始めたのが、銃規制法に反対する全米ライフル協会(NRA)と、同協会の支援を受ける米政治右派である。

 そんな右派の1人であり、FOXニュースやツイッターでときに過激発言をするイングラハム氏は、先月28日、ツイッターに「デイヴィッド・ホッグは入学申請した大学4校に不合格にされ愚痴を言っている(後略)」と投稿。一般市民、しかも17歳の高校生を槍玉に挙げたことで非難を浴びた。

 それに反応したのが当の本人ホッグさんだった。彼はすかさずツイッターにイングラハム氏の番組にコマーシャルを流す広告主の社名を挙げて応戦。「ローラ・イングラハムの番組に広告を出す会社:1から12の中から選んでこれらの会社に(広告を中止するよう)コンタクトしよう」と投稿したのである。

 広告はイメージが大事だ。その後銃乱射事件を生き延びた高校生を攻撃するというイングラハム氏の行動を快く思わなかった広告主が続々と撤退の名乗りを挙げ始めた。情報サイト『The Wrap』の2日付記事によると、ペットフード会社ニュートリッシュがまず名乗りを挙げ、その後も続々と旅行サイトのトリップアドバイザーとエクスペディア、自動車メーカーのホンダ、薬品会社ベイヤー、保険会社リバティミューチュアル、ビジネス製品販売店オフィス・デポなどが広告を取り止めるという騒ぎとなったのである。

 イングラハム氏はこれまで広告主の半数以上におよぶ20社の広告を失ったという。同氏はその後、取ってつけたような謝罪をツイッターで公表し、1週間休暇を取ると公表して雲隠れした。

◆「言論の自由」と結果への自己責任
 デイヴィッド・ホッグさんがローラ・イングラハム氏の番組に広告を出す企業に撤退を呼びかけたのは、「言論の自由」を抑えつけようとする間違った姿勢だという意見もある。実際、情報サイト『salon』の4月3日付記事によると、イングラハム氏の番組を放送する当のFOXニュースは声明を発表し、「(政治的な)意見に基づいた脅しという方法により私たちの声を抑圧されることがあってはならないし、されることはない」と述べた。同社はまた、イングラハム氏は休暇後番組を再開すると話している。

 しかし、イングラハム氏による攻撃に反撃したホッグさんの行動を「言論の自由」を抑圧するものとするFOXニュースの意見は「盗人猛々しい」という姿勢に感じられる。

 アメリカでは言論の自由が憲法で保障されてはいるが、間違った発言をした結果として罰を受けたり、立場を悪くしたりというのはあくまで自己責任である。イングラハム氏に言論の自由があるならば、当然ホッグさんや、イングラハム氏の番組から撤退した企業にも同じ自由があるはずなのだ。

Text by 相馬佳

Recommends