「超感覚」はトレーニングで磨くことができるのか?

kues / Shutterstock.com

著:Harriet Dempsey-Jonesオックスフォード大学 Postdoctoral Researcher in Cognitive Neurosciences)

 もしも自分の背後で誰かがささやいた言葉を聞き取ることができたら、どんなにいいだろう?あるいは、通りの向こうにあるバスの時刻表が読めたら?我々の知覚力、つまり五感は人それぞれ大きく異なる。しかし、今ある知覚をありのまま受け入れなければならないのだろうか?それとも、感覚を磨くために実際に何かできるのだろうか?

 知覚力の差は、五感の中でも特に重要度の高い聴覚と視覚ではっきりとあらわれる。しかし、それ以外の知覚が優れている人も中にはいる。たとえば、ごくまれに「スーパーテイスター」と呼ばれる、さまざまな「甘み」や「苦味」を敏感に感じ分けられる味覚の持ち主もいる(舌の先にある味覚受容体の数の多さと関連性がある)。ただ、スーパーテイスターだから良い、というわけではなく、アルコールやトウガラシのような刺激物による口内刺激にも敏感になってしまう。

                                                                                                                 

 女性は男性よりも、触覚が優れていることがわかっている。興味深いのは、これは性別が違うから、というよりも、女性の指のほうが細くて小ぶりなためだという。触覚の受容体が狭いところで緊密にまとまっているため、触覚が敏感である可能性があるのだ。つまり、男性でも、指のサイズが女性と同じであれば、触覚も女性と同程度になるということだ。

◆知覚学習
 我々の知覚は、体内の感覚受容器により大きく制限されている。しかし、それで終わりではない。我々の知覚というのは、予想以上に可鍛性がある。つまり、鍛えれば変化する、ということだ。「知覚学習」という科学分野は、知覚の理解、そして強化に役立つものだ。

 この研究により、スポーツや言語などのスキルと同様に、トレーニングによって視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を鍛えることができることがわかる。一般的な知覚トレーニングでは、訓練生に様々な難易度の知覚刺激が与えられる。触覚を例に挙げると、訓練生がフィンガパッドに触れたところに、振動を加える。周波数をランダムに変化させ(振動の速さを変化させ)、知覚能力を試すのだ。

 研修生は通常、2種の刺激レベルが同一か否かを判断しなければならない。一般的には、まずは簡単な比較(刺激の強弱レベルが大きく異なるもの同士)からはじまり、徐々に難易度を上げていく。その回答の正誤についてフィードバックを受けることで、自分が見て、感じるものと、実際の刺激の特性をマッチングさせ、知覚学習を大幅に強化することができるのだ。

 これまで長い間、知覚力向上には、この明確なトレーニングを行うしかないと考えられてきた。しかし、能動的に行動することなく、あるいは自覚することもなく知覚を向上させることもできる。ある驚くべき事例では、被験者に特定の視覚刺激を与え、脳活動パターンマッチングデータを生成するという、脳スキャナを利用したトレーニングを行った。科学者チームは被験者に、パターン生成がどれだけうまくいったか、をフィードバックする。これが、「ニューロフィードバック」と呼ばれるプロセスだ。

 トレーニング中、被験者には「見えた」さまざまな視覚刺激を特定してもらう。被験者は物理的には「見て」いないにもかかわらず、結果としては、トレーニングで与えられた刺激の方をより速く正確に報告できることがわかった。これがスタートだ。

◆劇的な結論
 しかし、我々の知覚はどの程度改善できると期待していいのか?それは、トレーニングにかける時間と労力、そしてどれほど効果的であるかによって異なるが、相当な成果が出る可能性もある。我々の研究では、触覚のトレーニングを2時間うけるだけで、被験者の知覚は元の約42%も鋭敏になった。驚くことに、感覚受容体が本来担うべき枠を超えて、「超感覚」の範囲にまで強化されたという実験報告もある。

 視覚を例に挙げると、人は実際、目の中にある個々の受容器の間隔よりも細かい解像度で対象物を見ることができる。これは、カメラの画素数を思い浮かべればわかりやすい。画素数が多いほど、細かいものが見える。超感覚の場合、画素数の解像度以上のものを見ることができるのだ。触覚聴覚などでも同じような結果が出ている。

 では、いったいなぜこのようなことが起きるのだろうか。それは、脳の巧妙な処理によるものだ。我々の脳は受容器のグリッド全体で画像の「重心」がどこにあるかを特定し、グリッド上にある情報の空間的クラスタリングによって、その位置や形状を明らかにする。実際、知覚したもののうち、受容器官が認識した内容は、脳と比較して驚くほど少ないことが分かっている。

 たとえば、視力を向上させるトレーニングでは、目の中の光受容体には一切、手を加えない。これらの受容器を介して知覚情報がすべて脳のシステムに取り込まれる際、トレーニングによって脳が余分なノイズを除去し、より効果的に知覚信号の「波長を合わせる」ことができるようにするのだ。

 受容器のレベルでは、学習が起こり得ないことを示すエビデンスは他にもある。それは、知覚学習は拡張していくということだ。たとえば、片手の指一本の知覚を訓練すると、この学習は脳内でリンクされている他の指にも奇跡的に広がっていく

 頭脳を鍛えることで、身の回りの世界から知覚情報を抽出する方法を改善できるというのは、我々にとって朗報だ。年齢を追うごとに感覚の知覚力は低下するので、なおさらだ。

 逆に、経験豊富な技術開発者や科学者は、いずれもこのアイデアをフランチャイズ化するため、尽力している。彼らは知覚学習のコンセプトを活用して、頭脳トレーニングアプリを作成しようとしているのだ。これらのアプリは、受容器の欠陥や老化によって起きる問題を克服することはできない(中には効果のないものや、うさんくさい科学にもとづいたものもある)。しかし、アプリが正しく設計されていれば、大幅に知覚力を向上させることができる。このような知覚トレーニングプログラムは現実的な効果につながるというエビデンスもでている。野球のパフォーマンス向上のための視覚訓練もその一例だ。

 すでにインターネットで展開開始しているものもある。その一例が、カリフォルニア大学リバーサイド校の知覚学習研究者が設計したアプリ「アルティムアイズ」だ。他にも、クラウドファンディングには聴覚トレーニングのプロトタイプもあり、他の研究グループもこれを追随している。ひょっとすると、我々が知覚力を自分の手で(まあ、手の中の携帯電話で)操作できるようになる日も近いかもしれない。

 科学が急速に進歩するなか、我々は知覚機能を最大限引き出し、感覚喪失を経験した人のリハビリテーションを支援し、そして、今よりも素晴らしい自分になれる夢のような機会へと向かって進んでいるのだ。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by isshi via Conyac

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends