米名門大学の男声合唱団が性別制限を撤廃

Fred Beckham / AP Photo

 世界的に有名なイェール大学の男声合唱団、ウィッフェンプーフスのリーダーたちは、一世紀以上の長きにわたる男声ア・カペラ合唱団としての伝統に終止符を打とうとしながらも、その美しいハーモニーは不変である、と言う。

 ウィッフスの愛称で知られる彼らと、イェール大学の女声ア・カペラグループ、ウィメン・リズムは2月1日、共同で声明を発表し、今期、4年生に進級するすべての学生は、トランスジェンダーの学生を含め、いずれのグループへの入団テストも受けられるようになる、とした。

 両グループによると、入団時の性別制限の撤廃は、より多くの4年生たちが人生の転換点にもなりうる旅行の機会に恵まれ、アメリカ国内で最古の歴史を持つ大学ア・カペラグループのメンバーだからこそ得られる音楽業界との接点がさらに増えることを狙ったものだ、という。

                                                                                                                 

「ウィメン・リズムとウィッフェンプーフスは、トランスジェンダー、二元的な分け方に収まらない性、および、心と身体の性の不一致を抱えるメンバーがグループ内に存在することを把握しており、そのようなメンバーたちが『全員が男』対『全員が女』という両ア・カペラグループの現在の枠組みの中で疎外感を覚えているのを理解している」と両グループは述べた。

 しかし、双方の合唱団は、伝統のサウンドは一切変えない、と言う。1909年に創設された14人編成のウィッフェンプーフスのメンバー達は、今後もテノール、バリトン、バスから構成され、ウィメン・リズムは依然、ソプラノとアルトで構成される。

 合唱団の現役メンバーが入団オーディションを実施するが、直近ではニューヨークでオーディションを開催し、来週にかけても引き続き行う、とウィッフェンプーフスの音楽監督、ケニオン・ダンカン氏は話す。

 また、同氏は、性別による入団制限の撤廃は数年前から検討されており、コネチカット州ニューヘイブンのアイビーリーグ各大学の卒業生や全校生徒を対象に一年間をかけてアンケート調査を行ったのちに実施された、と語った。

 1981年のウィッフェンプーフスのメンバーであり、今は同窓会長を務めるリッチ・ジョンソン氏は、「性別制限の撤廃については、人々の様々な思惑が交錯した。撤廃は遅きに失した感がある、と思った人もいる。一方で、『私がウィッフェンプーフスに在籍していた時の経験はすべて素晴らしいものばかりだ。男女混声合唱団になってしまうことで、そのかけがえのない記憶を台無しにして欲しくない』という理由で、性別制限は絶対に撤廃するべきではない、と考えた人もいる。そして、賛成と反対の中間の様々な意見が寄せられた」と話した。

 1958年のウィッフェンプーフスのメンバーの一員、ライナス・トラバース氏は、同合唱団は時の流れと共に変化し続ける伝統があり、黒人やユダヤ人のメンバーが在籍していない時期もあった、と言った。しかし、同性だけで構成されるグループにしか出せない固有のハーモニーがあるのも事実で、今回の性別制限の撤廃によって、その良さが失われるかもしれない、という懸念を抱く人もいる、とも話す。

「この状況は、あたかも弦楽四重奏が消滅してしまったかのような時の状況と同じだろう。弦楽四重奏が禁止されたり、連邦政府がサクソフォンの加入を義務付けたりしたとなれば、もはやそこで奏でられる音色は全く異なったものになる。どちらが良い、または悪い、の問題ではなく、それはもはや別物なのだ」とトラバース氏は言う。

 音楽史研究家であり、コネチカット大学音楽学部長を務めるエリック・ライス氏は、ウィッフェンプーフスとウィメン・リズムの下した決断は、ア・カペラ合唱団の最近のトレンドの一端だ、と語る。

 そして、ウィッフェンプーフスの決断は、アメリカ国内で最古の大学合唱団としての威信を賭けた重要なものである、とした。ウィッフェンプーフス合唱団は世界中で公演し、著名で有力な各地のイェール大学卒業生と深いつながりを持つ。

 ウィッフェンプーフスのメンバー達は、大学卒業もそのまま同窓音楽クラブで活動を続けており、イェール大学卒のエリート紳士たちが足しげく通う社交の場、100年以上の歴史を誇るモリーズ・テンプル・バーで定期コンサートを開催している。

「つながり、という点での論題は、音楽界との接点とも関連する。例えば、その合唱団に過去に誰が在籍していたのか、という質問に、音楽家コール・ポーターがその合唱団に在籍して活躍していた、と答えられるような深いつながり、音楽界との絆のことだ。こういった強い絆は、非常に大切だ」とライス氏は言う。

 これは、著名なウィッフェンプーフスとまだ知名度の低いウィメン・リズムの間に存在する「チャンス獲得の格差」をイェール大学の2つの合唱団が認めたうえで、その運営方法を変更しようとする理由の一つである。

 ウィッフェンプーフスとウィメン・リズムは共同運用のウェブサイトを立ち上げ、予約情報なども共有し、より緊密に連携したチーム体制でビジネスを推進する予定だ、という。この着想は、ウィッフェンプーフスが築き上げた財政的、名声的な利点をウィメン・リズムがさらに上手に共用するためのものだ、とダンカン氏は言う。

「この発表を行ってから、共同運用のウェブサイトさえまだ完成していないのに、双方の合唱団を招聘したい、という打診をいくつかの演奏会場から既に受けています」と話すウィメン・リズムの営業マネージャー、ガブリエラ・ボーター氏は、喜びを隠し切れない。

By PAT EATON-ROBB, Hartford (AP)
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends