銃社会スイス――民間に180万丁、人口比3位も少ない犯罪 その特殊事情

Steven Paul Pepper / Shutterstock.com

 先日、久しぶりに、筆者の住むチューリヒから少し離れた町を歩き、商店街で思わず立ち止まった。ショーウィンドーのスペース一杯に、いろいろな銃が飾ってあったからだ。以前は、ここにこんな陳列はなかった。きっと銃を買いたい人が増えているのだろうと思った。

 アメリカは個人が銃を保有する国というのは周知のことだが、安全な国として名高いスイスにも、実は銃を持っている人が多い。スイスの研究機関The Small Arms Surveyの調べ(2011年9月発表)では、住民100人ごとの銃の数は、1位がアメリカで89丁、2位がイエメンで55丁、3位がスイスで46丁だった。以降は、4位のフィンランド(45丁)、6位のキプロス島(36丁)、8位のイラク(34丁)、15位のドイツ(30丁)などと続く。
 
 銃所有に関する国際比較は、実施年や収集データによって統計結果に差が出てくると思われるが、スイスの消費者情報誌『saldo』が、2017年10月25日版で、最近の国内事情を載せていた。同紙によれば、2013年末の時点で、国内には推定180万丁の銃がある。このほかに軍隊用が20万丁だという。スイスでは、18歳から30歳までの男性に一定期間の軍隊訓練が義務付けられている。

 スイスは18歳で銃が購入できる。ちなみに、銃を買える年齢は、アムネスティインターナショナル・スイス内の資料(2010年12月)によれば、ドイツは25歳から、フランス、ベルギー、スウェーデンもスイスと同じく18歳から、フィンランドは親の許可があれば15歳から可能だ。

 購入には州の許可(登録)が必要となる。『saldo』は、国内6つの州に問い合わせ、2012年から2016年の5年分の数値を掲載している。チューリヒ州での登録数は2012年が3千強丁だったのが、2016年は4800丁になった。チューリヒ州の隣のアールガウ州では、約2800丁から5117丁に、ベルン州でも3千強丁だったのが4487丁になった。残りの3つの州も、急激ではないが増加傾向を示している。

 こうして具体的な数字が公表されているものの、正確な全体の所有数は不明とされる。上記180万丁が推定値なのは、2008年以前に購入された銃や所有者が変わった銃が登録されていないからだ(登録は2009年から始まった)。

 銃購入が増えている状況はスイスの公共放送も注目していて、2017年3月にテレビでドキュメンタリーを放映した。公共放送の調べでは、購入が増えているのは、ヨーロッパ内のテロ事件や難民問題で不安を抱える人が増えたためだという。

 特筆すべきは、使える状態の銃がこれほどあっても、スイスでは銃を使った犯罪が驚くほどには多くない点だ。銃が使われて死者を出す事件は、毎年平均40件だ。銃は、いつでも警察に引き取ってもらえるから手放すのは簡単だ。それでも、こんなに保有しているのは、スイスでの銃所有を取材したイギリスBBCが書いているようにアメリカでは自分の護身のためで、スイスでは国を守ろうという意識がいまも強いからかもしれない。

 ただし、銃が身近にあることで、犯罪とは違った問題もある。自殺に使われるケースが多いのだ。これはスイス国内ではよく報道されていることで、『saldo』でも触れている。銃で自殺した人は年々減ってきてはいるものの、2014年は187人に上った。スイスの公共放送は、こうして亡くなる人の95%が男性で、20~39歳が多いと述べている。銃が身近にある限り、何らかの負の問題は避けられないようだ。

Text by Satomi Iwasawa

Recommends