顔で性欲の強さがわかる 男性は浮気の可能性まで カナダの研究

Ollyy/shutterstock.com

 誰にでも自分の中だけに秘めておきたい事柄はあるもので、大抵の人にとっては性欲の強弱もその一つだろう。しかしカナダで行われた最新の研究によると、顔のとある部分を測定するだけで簡単に性的興味の傾向がわかってしまうという。過度な偏見は禁物だが、男性については浮気の可能性が高いかどうかまで見極められてしまうようだ。

◆顔の縦横比から性的欲求を推定可能
 鍵を握るのは顔の「長さ」と「幅」だ。この比率が1:1に近い人は、面長の人と比べて性欲が強い傾向にあるという研究結果が出た。こうした特徴の代表例として、ハフポストではレオナルド・ディカプリオ、ザ・サン紙ではウェイン・ルーニーやキャメロン・ディアスなどをそれぞれ挙げている。当人たちの実際の趣向を示すものではないが、今回の研究で性的興味が強いとされる顔立ちの例としては分かりやすい。

 研究の過程はフォーブス誌が詳しく紹介している。カナダのある大学で、交際関係にある男女計約460名を対象に性欲に関するアンケート調査が行われ、同時に被験者の写真から顔の縦横比が算出された。結果、比率が1:1に近い人ほど性欲が強いという相関が見られたという。ザ・サン紙によると、アンケートの内容は、性的趣向、浮気の可能性、自慰の頻度、カジュアル・セックスへの抵抗感など多岐にわたっていたようだ。こうした調査の結果、顔の縦横の比率から性欲を予測可能という結論が導き出されたとのことだ。

◆浮気、攻撃性……。顔の作りは多くを語る
 研究で明らかになったもう1つの事実として、正方形に近い顔立ちの人は、比較的浮気をしやすいのだという。ザ・サン紙の記事(9月20日)は「女性の皆さん、彼氏が浮気するかどうか知りたいですか? 顔を測りましょう」という導入文が目を引く。フォーブス誌でも、正方形型の顔の人はカジュアル・セックスに興味が強く、安定したパートナーとのセックスへの関心は比較的薄いとしている。なお、浮気に関する傾向は男性に限った特徴であり、女性では特に相関は見られなかったという。

 他にも顔立ちからわかることは多く、デイリー・メール紙では、過去の研究結果に注目している。これまでの研究で、正方形タイプの顔を持つ人は、攻撃的で反倫理的な人物だという印象を抱かれやすいことがわかっている。加えて、短期的な性的パートナーとしての魅力が比較的高い。誰もが無防備に晒している顔立ちから、意外にも様々な情報が読み取れるようだ。

◆早とちりにご用心!
 興味深い研究結果だが、なぜ顔の作りが性欲に影響するかという科学的分析はまだ進んでいない。 デイリー・メール紙によると、男性ホルモンの一種である「テストステロン」という物質が影響していると研究者たちは考えているようだ。胎児の時期などにどの程度このホルモンに晒されるかによって、その後の顔立ちと性的興味のレベルが変化するため、両者に相関が生まれるのだと見ている。しかし、ハフポストがテストステロンの体内濃度と顔の縦横比は無関係だとする別の研究の存在を指摘するなど、まだ科学的な理由付けは不十分のようだ。

 フォーブス誌でも、この研究を過信しないよう警告している。調査対象となったカナダの大学2校が社会の縮図とは言えず、人種も8~9割が白人だという偏りがある。この研究が、外見による偏見を加速することをフォーブス誌は憂慮している。

 むやみな偏見は避けたいが、気の知れた仲間と盛り上がるには絶好のトピックだろう。ハフポスト(9月20日)の結びの文が、この研究との付き合い方の本質を突いているのかも知れない。「当然、相関を判断するにはさらなる研究が必要ではあるが、鏡を持って、顔を覗き込んで、研究が本当かどうか確かめてみよう。楽しい実験になるかもしれない(顔文字)」。

Text by 青葉やまと