浮気は2位 離婚理由ランキング・トップ11 米調査

Tiko Aramyan / Shutterstock.com

 幸せな結婚生活を長く続けるために、どのようなことに注意すれば良いだろうか? 米デンバー大学心理学科のシェルビー・B・スコット博士らが発表した論文は、このヒントになるかもしれない。婚前カウンセリングのプログラムを受講して結婚に求められる基礎知識を学びながらも、その後14年以内に離婚に至ってしまった52名の人々にアンケート調査を実施し、原因となった出来事を分析している。定番の浮気は2位となっているが、それを上回る要注意な傾向や、本人が意識しないまま相手を幻滅させてしまう習慣があるようだ。上位11項目のランキングを見てみよう。

◆10位:婚前のカウンセリングが不十分だった(13.3%)

Tero Vesalainen / Shutterstock.com

 10位は同率で2項目が挙がっているが、その一つが婚前カウンセリングの不足だ。調査の性質上、参加者は全員がカウンセリングを受けているが、それでも内容が実際の結婚生活に活かせなかったとの声が多い。事前のプログラムを通じて相手をもっと知ることができればよかったと後悔する声や、反対に、なぜ結婚をやめるようアドバイスしてくれなかったのかという恨み節も聞かれる。各カップルのそれぞれに個別に複数回答形式でアンケートしたところ、全体の13.3%が原因に挙げている。

次のページ 家族からの支援も大事




Text by 青葉やまと

Recommends