世界一加速の速いスーパーカー・トップ19 1位は大阪の意外な企業

Jan von Uxkull-Gyllenband / shutterstock.com

♦︎1位:アスパーク アウル(1.7秒)
栄えある1位に輝いたのは、和製スーパーカーのアウルだ。完全EVのこのモデルは100キロ加速値が1.7秒であり、現在地球上で最も速い自動車となっている。出力も2013馬力と、ロータス エヴァイヤに次ぐ世界第2位だ。

Jan von Uxkull-Gyllenband / shutterstock.com

アウルは2014年創業の大阪の企業「アスパーク」が手がける。自動車を専門に扱うメーカーがランキングに揃うなか、1位を勝ち取った同社は、製薬やIT開発など幅広い分野で事業を展開している点がユニークだ。

VanderWolf Images / shutterstock.com

次は インスタで映える車ランキング30 日本車がトップ3にランクイン




Text by 青葉やまと

Recommends