「日本車買うならこれだ」米誌が選ぶベスト14

2020 Toyota Camry XLE Hybrid|トヨタ自動車

 アメリカ市場では日本車人気が続いている。実用性が高く故障率が低いことが好まれており、毎日の通勤や家族でのレジャーなど、日用的な用途にと買い求めるユーザーも数多い。どのモデルを買うべきなのかと迷う人々のために、USニューズ&ワールド・レポート誌は日本車のベスト・ランキングを発表した。新車選びでとくに気になる項目として、衝突安全性、信頼性、インテリア、パフォーマンスを軸に評価している。これらの項目の総合点で優秀なスコアを獲得した14の日本車モデルをスコアの低い方から順に見てみよう。果たして1位に輝いたクルマは?

本田技研工業

◆13位 2021年型ホンダ インサイト
 USニューズスコア:8.0/10

 街乗りで23.4km/Lという低燃費に加え、ホンダ・センシングなど安全機能の充実もアドバンテージだ。回生ブレーキの改良も評価のポイントとなった。発電効率の悪さとブレーキ性能の弱さが従来弱点とされてきたが、このデメリットをかなり軽減している。

次のページ コスパに優れるベスト・カー賞ハイブリッド部門に選出




Text by 青葉やまと