アメリカで禁じられている15の食品 日本では人気高級料理の食材も

Shane Gross / Shutterstock.com

自国では普通に売られているのに、他国では発売禁止というアイテムは多いもの。その理由はざまざまだが、なかにはなぜ禁止されているのか首をひねりたくなるものもある。今回は、アメリカでは持ち込み・販売・製造のいずれか、または全部が禁止されている食品のうち、15アイテムをピックアップ。旅行や留学の際にうっかり持ち込んで空港の関税で止められないようにチェックしたい。

1. 馬肉

show999 / Shutterstock.com

厳密にはアメリカでは馬肉を食べることは違法ではないが、馬を食用に屠殺することが違法とされているので、馬肉を食する機会はほぼ皆無。馬肉は「食のタブー」と見られている。カウボーイの文化が根付き、馬とともに開拓の歴史を作り上げたアメリカ人には、馬を食べることはペットを食べるような感覚なのだろう。ちなみに、馬肉の最大市場を持つのは中国。日本では馬肉は桜肉とも呼ばれ、一般家庭の食卓に並ぶ機会はあまりないものの飲食店ではメニューに並ぶこともある。

2. ふぐ

HikoPhotography / Shutterstock.com

ふぐも食べることは禁止されていないが、免許を持つ一部の業者以外は取り扱い禁止の食材なのでアメリカで口にすることが困難。その理由は簡単に予想がつくだろう。ふぐは、体内に中枢神経系の猛毒を持ち、その毒素は青酸カリよりも致死率が高いという。ニューヨークなどの大都市にある高級店では日本から輸入されたふぐを提供しているが、これらのふぐは、日本で毒を持つ内臓などを取り除き、急速冷凍されて輸出されているものだ。

次のページ 世界三大珍味が……




Text by 青葉やまと