あなたの愛車の価値を一番わかってくれるのは人工知能? 広告:株式会社IDOM

oneinchpunch / Shutterstock.com

 AIの活用は、着実に私たちの生活に浸透している。そんなシーンを描いた注目の動画がある。

 動画のテーマになっているのは、AIで車の画像と簡単な入力項目だけで、数秒で査定金額を算出する事を可能にしたアプリ。近年特に飛躍的に精度が向上した注目のAI活用分野の画像認識と、アプリを開発したガリバーが数十年間蓄積した査定ノウハウが組み合わさったことで実現した。金額に納得できたら、アプリから売却を申請する事も可能だ。

 査定を簡単にすることのメリットは大きい。ガリバーの調査*によると、下取り経験のあるオーナーのうち97%が「売却先によって査定額は異なる」と認識しているが、44%が複数社で査定をせず下取りに出したという。損をする可能性があることがわかっているのに複数社で査定しないのは、査定が面倒、心理的負荷が高い、電話がかかってくるのが嫌だといったことが背景にあるようだ。
*■対象者:20代~60代男女 ■人数:500名 ■実施期間:2019年8月 ■調査方法:インターネットによるアンケート調査 ■調査実施:株式会社IDOM

 複数社で査定をした場合、50%のオーナーは21万円以上差があったと回答しており、1社査定で下取りに出してしまうことによる潜在的リスクは小さくない。

 また、このアプリは車査定において「あったらいいな」を徹底的に実現している。動画のように「子供が使えるほど簡単」なだけでなく、自分の車と近い車の実際の売却金額との比較ができる「みんなのクルマ」が搭載。さらに、500店舗以上の販売ネットワークに自分の車をアピールし、査定金額のアップが狙える「アピール査定」、査定や売却の事でいつでも相談できる「チャットサービス」も搭載している。

 もう一つのポイントが、個人情報の登録が不要で、しつこい営業電話もかかってこず、自分のペースで査定から売却まで行えることだ。仕事や家事、育児などで忙しい人が車を売却するときには、ぴったりだろう。

 これから車を買い替えたり、売却しようと考えている人はもちろん、まだ決めかねている人も、まずはアプリをダウンロードして、簡単に自分の車を査定してみてはいかがだろう。

Text by NewSphere 編集部

Recommends