機械大好き怪力女子高生カナコが選んだ「カナコのお仕事」

 世の中には、普段目にすることがない場所で社会基盤を支えている人たちがいる。そこにスポットを当てた、話題の動画がある。

 この動画は、新幹線や高速道路のトンネル掘削現場、建設・土木現場、鉱山、工場、下水処理場など、普段目にすることはないけれど意外と身近な場所で活躍する大手機械・素材メーカーの古河機械金属によるものだ。

 1875(明治8)年創業の老舗企業であり、実は工事現場等で見かける「安全第一」の起源の会社でもある。今から100年以上前からアメリカでは「SAFETY FIRST」の考えが提唱されていた。その考えを、1912(大正元)年に古河鉱業(現古河機械金属)が、「安全専一」と訳し従業員に周知したことが、日本における「安全第一」の始まりだと言われている。

 冒頭の動画は、以前に公開された「機械大好き怪力女子高生カナコ」編と、成長して古河機械金属に入社してからの「カナコのお仕事」編を紹介するダイジェストだ。古河機械金属の社員の方や主力の機械製品であるトンネルドリルジャンボやユニッククレーンも登場する以下の動画では、入社したカナコが工場見学時に機械愛の強さゆえに巻き起こす騒動がコミカルに描かれている。

 コミカルな動画ではあるが、カナコの成長ストーリーを通して「熱意や行動力の重要性」や「歴史のある会社の変革」といったメッセージが秘められており、社会を支える縁の下の力持ちの企業らしい姿勢がうかがえる。そこに熱量が確かにあるからだ。

 さて、この記事で紹介した動画以外にもたくさんの動画が特集サイトYouTubeチャンネルから見ることができる。今回紹介した「カナコのお仕事」編は3話まで公開されており、その前作となる女子高生編ももちろん見ることができる。奇想天外な動画ばかりで老舗企業の挑戦がみてとれる。

 特集サイトはこちら
YouTubeチャンネルはこちら

 実はこれらの動画だけでなく、以前から電車でよく見かける社名をもじった「古河気合筋肉」の広告も、未来へ向けた変革のためのチャレンジの一環だ。

 2025年の創業150周年に向けて「Power & Passion」というスローガンを掲げ、熱意・情熱・力強さ・スピードをもってさらなるステップアップを遂げようとしている古河機械金属。誰もが知っている会社ではないが、もっと知られてもいいはずだ。

もっとこの会社のことを知りたい!と思った方は
こちら

超高純度なメタル楽曲『Power & Passion~古河機械金属 応援歌』は
こちら

提供:古河機械金属株式会社

Text by NewSphere 編集部

Recommends