重箱入りのおせちの消費税は10%か8%か、目前に迫る消費税増税と軽減税率

norikko / shutterstock.com

 2019年10月から、日本の消費税が変わる。消費税が8%から10%に引き上げられるのと同時に軽減税率制度が始まる。

 この動画の主人公のように、目前に迫っても何をしていいのか準備に焦っている会社も多いだろう。特に難しいのが、軽減税率の8%なのか、それとも10%なのかは難問だ。

 例えば、「重箱入りの高級おせち」は、おせち料理は軽減税率の対象の飲食料品のようにも思えるが、単なるプラスチックケースでない高級な重箱と見れば標準税率にも思える。

 こうした悩みに答えてくれるサイトが、「消費税改正あんしんガイド」だ。解説によると、先ほどの「重箱入りの高級おせち」は一体資産と見なされ、一定の要件を満たせば、全体を飲食料品とみて軽減税率の対象となることがわかる。要件とは、「一体資産の価格が少額(税抜1万円以下)のもので、軽減税率の対象となる飲食料品が主たる要素を占める(2/3以上)場合」だ。重箱に入ったような高級おせちは、大概税抜1万円を超えるだろうから、その場合は軽減税率の対象とはならなそうだ。

 こうした軽減税率の対応は、その判断だけでなく「インボイス制度」への対応も求められ、消費税についてミスすることなく正確に帳簿をつける必要もある。こうした変化に経理業務をスムーズに対応させていくためには、消費税改正に対応した会計・経理ソフトと万全のサポート体制だ。

 冒頭で紹介をした「消費税改正あんしんガイド」を提供している弥生シリーズであれば、消費税改正にしっかり対応しているのはもちろんのこと、サポート体制も手厚く安心だ。デスクトップアプリ「弥生会計 19」であれば、「あんしん保守サポート」を最大15か月無償、もしくは特別価格で利用することができる。「あんしん保守サポート」では最新のプログラムが無償提供され、またカスタマーセンターでの操作・業務相談ができるため、消費税法改正ならびに軽減税率制度の導入、またそれ以降も続く様々な法令改正にも安心して臨める。

 目前に迫った消費税増税と軽減税率に不安を覚えている人は、弥生シリーズで今のうちから準備を進めてはいかがだろうか。弥生シリーズなら、業界最大規模のカスタマーセンターで業務に精通した専門スタッフが、製品の導入や操作方法はもちろん、あなたの会社の業務の相談まで答えてくれるはずだ。

提供:弥生株式会社

Text by NewSphere 編集部

Recommends