渋谷・原宿・表参道で多様な未来を考える12日間

Photo by Daryan Shamkhali

 2019年9月11日から22日の12日間にわたり、多様な未来を考える都市回遊型イベントが渋谷~原宿~表参道エリアで開催される。

 この「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(SIW)」は、渋谷区が2017年11月に開催したダイバーシティをテーマにしたイベント「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」と2016年に日本財団主催事業としてスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」を統合して、昨年より開催されている。昨年は小泉進次郎氏が基調講演を行なったことでも話題になった。

 今や、あらゆる産業が加速度的に進化・変化が求められている中で、新しい価値観から誰も見たことがない社会がデザインされていく時代だ。こうした時代において、今年のSIWは「新しい価値観~The New Rules~」をテーマに、ラーニング/ネットワーキング/エクスペリエンスに関する様々な取り組みが展開される。

 ラーニングの取り組みとして、国内外からさまざまな有識者を招き、多様な未来の可能性を探求するトークセッションが展開される。登壇者の顔ぶれはバラエティに富んでいる。以下で注目のセッションと登壇者を紹介しよう。

「10代から見える世界」
香港人の父、日本人の母を持ち、13歳の時にヴァージル・アブロー*に賞賛されモデルやショーに多数出演し注目を集め、音楽や演技で活動の場を広げている16歳の YOSHI氏が登壇。
*ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクター。同メゾン初の黒人デザイナー。

「Old Meets New: クリエイティブ・コミュニティの創り方」
シルク・ドゥ・ソレイユ Director-Expert, Performance developmentのBoris Verkhovskyと、元マッキンゼー社で現シルクドソレイユのエグゼクティブプロデューサーのJames Tanabe氏が登壇。

“生理”と女性の社会進出
1995生まれ東京出身、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業し、課題解決型アパレルブランドを運営する株式会社ウツワ代表取締役社長であるハヤカワ五味氏が登壇。

 他にも多くの登壇者が予定されており、きっとあなたの「新しい価値観」のきっかけになるセッションがあるはずだ。イベントの詳細は、こちらから。

チケットは以下から購入できる。
peatix チケット購入ページ
eプラス チケット購入ページ
イベント特設サイト

提供:ソーシャルイノベーションウィーク実行委員会


Text by NewSphere 編集部

Recommends