セーフヘイブンの「金」に投資家が殺到

Pics-xl / shutterstock.com

 米中貿易摩擦やブレグジットの着地点が見えず、米・イラン関係が緊迫する中、世界経済の先行きに不透明感を感じている人は多いことだろう。そんな時代を反映してか、この動画の登場人物たちのように投資家から「金」に注目が集まっている。

 動画内の一人は純金積立を「守りの資産づくりのために」はじめているが、まさに今、「金」の安全資産性が世界の投資家から注目を集めている。

 例えば、ブルームバーグの報道によると、UBSグループのストラテジストによるリポートで「貿易摩擦が激化して成長に対するリスクが高まる中、金は再びセーフヘイブン(安全な避難先)としての役割を取り戻そうとしている」と言及されている。また、株式調査会社CFRAの投資ストラテジストは、「CFRAは、不確実性が高まる強気相場終盤でポートフォリオを分散させる賢明かつ防御的な方法として金を見ている」と述べている。世界の投資家が、守りの資産づくりとして改めて「金」に注目しているということだろう。

 一般投資家が資産の一部を金で持つことを考えるなら、冒頭の動画を作成した田中貴金属の純金積立はいかがだろう。月々3,000円から手軽にスタートでき、ネットサービスを利用すれば年会費が無料となり、保管費も無料だ。また、金融機関口座からの自動引落しでコツコツ毎月着実に貯められる。さらにウェブサイトでの取引は24時まで対応しているため、日中忙しい人でも安心だ。

<キャンペーン情報>
6月1日(土)から8月31日(土)の期間で「田中貴金属の純金積立」に新規会員登録すれば、抽選で3,000名に「金」1gをプレゼントするキャンペーンが開催されている。詳しくはこちら

提供:田中貴金属

Text by NewSphere 編集部

Recommends