年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来る

© RareJob

 企業活動のグローバル化がますます進み、海外企業との英語でのコミュニケーションが増えている人は多いだろう。近年は東京や京都といったメジャーな観光地以外でも、日本全国で訪日外国人を多く見かけるようにもなった。これまで外国人との接点が多くなかった人でも、日常生活の中で英語でのコミュニケーションを求められる機会が増えている。



 この動画は、そんな英語でのコミュニケーションに四苦八苦するシーンをまとめたもので、オンライン英会話サービスを提供するレアジョブが制作した。英語の苦手な人なら、どれか心当たりのあるシーンがあるのではないだろうか。

 動画で描かれているような、日本語が分からない参加者がいる会議では英語で進行されるケースも珍しくない。ビジネスシーンでの英語のコミュニケーションをその場しのぎで避けている人も多いだろうが、それはせっかくのチャンスを逃しているのかもしれない。

 株式会社キャリアインデックスが1,000人の働く男女を対象に語学力と年収の関係を調査している。英語で日常会話や読み書きができるレベルの人の割合は、年収700万円以上では48.7%、年収が500万円から700万円未満の人で34%、500万円未満の人は22.4%であり、英語力を有している人ほど年収が高いという結果であった。英語力を磨く機会をその場しのぎで避けることは、キャリアアップの機会を自ら手放しているのかもしれない。

 とはいえ、日々忙しい中で英語学習を継続することは確かに難しい。前掲の動画を制作したレアジョブは、1レッスン129円~(1回のレッスンが25分)で、オンラインのマンツーマン英会話レッスンを提供しているので、好きな時間、好きな講師を選んでレッスンが可能だ。当日の5分前まで予約可能なため、スキマ時間の有効活用ができ、忙しい人にもぴったりだ。開講時間は早朝6時~深夜1時まで、自宅でもオフィスでも、Skype不要でスマホやタブレットでも気軽に受講ができる。

 新年に新しく何かを始めたいと思っている人は、レアジョブのオンライン英会話レッスンで苦手だった英語に取り組んでみてはいかがだろう。

提供:株式会社レアジョブ

Text by NewSphere 編集部

Recommends