ターンオーバーは睡眠時間に影響する?健やかな肌のために必要なこと

Shutterstock.com / Zoom Team

 ターンオーバーとは肌が生まれ変わるシステムのことを指すが、このターンオーバーが正常に起こることで健やかな肌がキープされる。一方でいずれかの原因によってターンオーバーが乱れると、ハリがなくなりシミ・シワが目立ち、ニキビや吹き出物が出るなど肌のトラブルが露わになってしまう。この記事ではターンオーバーを正常に保つために避けたいことと、ターンオーバーがもつ睡眠との関係について紹介する。

ターンオーバーとは

Shutterstock.com / ikrolevetc

 皮膚は基底層と呼ばれる表皮の深淵部で新しい細胞から生まれて、およそ4週間という期間をかけて少しずつ形成されて表皮となる。そして最終的に、2週間で垢となって剥がれ落ちていき表皮が入れ替わる。これが理想的なターンオーバーの周期とされているが、ターンオーバーに必要な日数が一定なわけではなく、当然個人差があるものだ。それに加えて、ただでさえターンオーバーは乱れがちである。

 前述したことだが、ターンオーバーが乱れると肌のツヤが失くなったり、ニキビができたり肌のトラブルが増えてくる。たとえばターンオーバーが早すぎると、新しい皮膚がまだ未熟なまま表面に出ることになり、保湿力が十分ではなく乾燥しがちになる。ターンオーバーが早くなる原因として、紫外線による肌の乾燥や、マラセチアという菌が増殖しすぎている状態が考えられるだろう。マラセチアはあらゆる人の皮膚にも存在する常在菌ですが、増えすぎると頭が異常に痒くなったり、フケが増えるといった症状をもたらす脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の原因になることも。

 加齢などによってターンオーバーが遅れることが、肌のトラブルを引き起こすこともある。たとえば古い皮膚がいつまでも残ることで、傷や日焼けの回復が遅くなったり、メラニンが沈着しやすくなるため、シミの原因になる。角質が残った固い皮膚は皮脂が毛穴にたまりがちで、そうなるとやはりニキビができやすくなってしまう。

 ターンオーバーは早くても遅くても肌トラブルの原因になるので、ターンオーバーの周期を整えることが大切だ。

ターンオーバーに影響する行為

Shutterstock.com / ViDI Studio

 ターンオーバーが乱れる原因となることは次の通りだ。思い当たることがないか見てほしい。

睡眠不足
ストレス
栄養バランスの崩れ
疲労
冷え性
喫煙
就寝前の飲食・飲酒
便秘
運動不足
無理なダイエット

 これらの項目から、ターンオーバーに影響することが関連し合っていることがわかる。ストレスが多く眠れない、そのために疲労感があり運動をする気になれないため運動不足に陥ったり、眠れない夜に空腹を感じ、食事を摂ってしまうこともあるだろう。また眠るために寝る前に飲酒をする、いわゆる寝酒をしてしまう人も少なくない。運動不足や食生活の乱れが便秘の原因となることも多い。

 無理なダイエットはストレスや、栄養バランスを崩す要因になる。このように悪習慣が次々と連鎖されてターンオーバーに影響し、肌の調子が悪くなる原因が二重三重に重なるのだ。この連鎖を断ち切るにはじっくりと眠ることが大切だ。

成長ホルモンとターンオーバーの関わり

Shutterstock.com / Nadiiiya

 睡眠不足が肌の質感を損することを実感している人も多いだろう。睡眠不足が続くと吹き出物が増えたり、目元のシワが目立つようになってしまう。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が抑制されることにより、睡眠不足がターンオーバーに影響してしまうのだ。成長ホルモンは新陳代謝を促すもので、トラブルのない肌に目指すには欠かせないホルモンだ。

 成長ホルモンの分泌が増加するのは睡眠中だ。睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が少なくなり、ターンオーバーが乱れる。成長ホルモンの分泌が活発なのは入眠してから3時間といわれているが、寝つきが悪かったり安定した睡眠が取れないなど睡眠の質が低下すると成長ホルモンの分泌も悪化し、結果的にターンオーバーにも影響する。米国の皮膚科医デニス・グロス氏によると、23時から0時までの睡眠が特にターンオーバー回復に効果があるという。

 とはいえ、入眠時間は重要だが睡眠時間も同様に重要だ。睡眠時間が不足すると、保湿や保護の役割を担う肌のバリア機能が低下してしまい、ターンオーバーが正常に働かなくなってしまう。肌のバリア機能が正常に機能するには、「コルチゾール」と呼ばれる抗ストレスホルモンが必要とされる。コルチゾールも睡眠中に分泌が増えるホルモンだが、とくに明け方近くに活発に分泌される。つまり睡眠時間が短すぎるとコルチゾールが不足し、バリア機能が働かず肌の調子が悪くなるのだ。

 ターンオーバーは適切な速度感で行われことが重要で、ターンオーバーが早くなっても遅くなってしまっても効果的とはいえなくなる。適切な速度感を保つためには睡眠に起因する成長ホルモンが必須で、入眠時間と明け方に成長ホルモンがよく分泌されるため睡眠の質も高めることが理想的だ。肌のトラブルが増えてきたりシミ・シワが目立つように感じてきたら、睡眠の質に目をやってみるのはいかがだろうか。

Text by NewSphere 編集部