世界のゲーマーが羨む、日本だけ特別なニンテンドースイッチとは?

 1月21日より国内での予約がスタートした「Nintendo Swich(ニンテンドースイッチ)」ですが、全国の量販店には確実に予約をしようと行列ができており、日本経済新聞によると「大阪・梅田のヨドバシカメラマルチメディア梅田には開店を前に約250人が列をつくった」という。INSIDEによると、Amazonでは受付開始数分で完売し、ジョーシンの通販サイトではサーバーが落ちて予約受付が休止になったほどの加熱ぶりだ。

 1月23日からはマイニンテンドーストアにてカラーのカスタマイズができる予約が受付開始する。左右のパーツ(ジョイコン)はそれぞれ赤・青・グレーの3色から選べ、ジョイコンストラップは3色に黒を加えた4色から選べる。左のジョイコンは赤、右のジョイコンはグレー、ストラップは青といった様々な組み合わせが可能で、人と被りにくいカラーミックスのマイ「ニンテンドースイッチ」が作れるということだ。

 このマイニンテンドーストアは、実は日本だけで行われているようだ。CNETは、「No fair! Nintendo Switch customers in Japan get to customize their colors(不公平だ!日本のニンテンドースイッチ購入者は色をカスタマイズできる)」という羨ましい気持ちがこもったタイトルの記事で、この日本だけのカスタマイズを紹介している。また、日本以外の国でこのカスタマイズが可能になるかは分からないとしながら、将来新しいカラーのニンテンドースイッチがリリースされるのではないかと推測している。

 これからニンテンドースイッチを購入しようと考えている方は、世界のゲーム好きが羨む自分だけのカラーミックスにチャレンジしてみてはどうだろうか。

photo via Wikipedia Commons | Elvis untot

Text by 酒田宗一

Recommends