法外に高価なアートの経済学

Giorgiolo / Shutterstock.com

著:Bronwyn Coateロイヤルメルボルン工科大学 Lecturer in Economics)

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」を4億5,000万ドルで買う人は、一体何を考えているのだろうか? あなたはそれが投資だと思うかもしれない。実際のところ、その絵は2005年の時点ではたった1万ドルで売られていた。

 経済的な観点から見ると、アートは投資であると言える。しかし、「アートは投資」と単純に結論づけることはできないという研究結果も出ている。またアートは、経済学者が「情緒的ベネフィット」と呼ぶ機能を持っている。それはつまり、楽しんだり、深く味わったり、人に自慢したりすることができるということだ。そしてこれこそが、「サルバトール・ムンディ」に支払われた高価格の理由を解く鍵となるかもしれない。

                                                                                                                 

◆投資としてのアート
 投資として見ると、アートの効用はさまざまな要因によって大きく変化する。例えば、最新の流行モードに沿ったアート作品は、他のタイプのアートよりも高い効用を持つだろう。

 今現在、現代アート印象派の作品よりも高い評価を受けている。現代アートには高い需要がある。それに比べて、供給の方は少ない。まさにこれが理由で、キース・ヘリング氏など、過去に見落とされた一部のアーティストが近年になってコレクターから高評価を受けるという現象も起きている。

 しかしながら、何と言ってもやはり、最も強く求められているのは一部の有名アーティストの作品だ。

 最近の分析によると、世界各地のオークションで今年販売された現代アートの売り上げにおいては、ジャン=ミシェル・バスキア氏アンディ・ウォーホル氏ゲルハルト・リヒター氏など、わずか25人のトップアーティストの作品が総額27億ドルのうち12億ドルを稼ぎ出している。

 これら現代アートのトップ25の中で、女性はアグネス・マーティン氏草間彌生氏の2人だけだった。この点は、アート界のジェンダー構成や、アーティストとしての職業や名声が確立されるまでのプロセスについての諸問題を提起している。

 投資としてのアートに関する学術研究を見ると、その結果は複雑だ。例えばカナダのアート市場の調査結果では、アートへの投資は株式市場への投資よりも収益率が低いことが判明した。しかし同じ調査の中で、資産ポートフォリオの中にアートを含むことにより、資産の分散化など収益性以外のメリットが得られることも示された。

 その一方で、オーストラリアの有名アーティストたちが制作した約3万5千の絵画を対象に行われた研究では、平均して4%から15%という高い投資収益率が示された。ブルット・ホワイトリー氏ジェフリー・スマート氏を筆頭とするオーストラリアの有名アーティストの絵画の収益率は、株式市場の収益率を上回る。この研究ではまた、特定のオークションハウスで販売される絵画に高値がつくということ、さらには油絵と水彩画の評価額が他のカテゴリーよりも全般に高いこともわかった。

 それに比べると、レオナルド・ダ・ヴィンチなどのいわゆる「名作」は、じつはアート市場の全体平均よりも収益的が低い

 しかしながら、アートには消費(贅沢の楽しみ、装飾など)を通じた利益もあるので、株式や債券とは性質が異なっている。リターンは低くとも、投資対象としてはやはり魅力的なのだ。

 オーストラリアのアート市場は、現代アートの世界市場の動向を端的に反映している。例えば2017年に販売されたオーストラリア人アーティストの最高額ベスト5作品は、同時期に販売されたすべての作品総額の10%近くを占めている

 ダ・ヴィンチの作品ほどの注目は集めなかったが、最近落札されたアボリジニーのアーティスト、エミリー・カーメ・ウングワレー氏の「アース・クリエイション1」は、落札価格が210万オーストラリアドル。これは10年前のオークションでの同作品の落札価格のほぼ2倍である。

◆消費のためのアート
 刺激を受ける、インスピレーションを掻き立てられるなど、アートの審美的な効用はきわめて主観的なものであり、測定が難しい。しかしだからと言って、アートの消費価値がないということではない。

 経済学者は、消費におけるアートの効用を説明するために、「情緒的リターン」あるいは「情緒的ベネフィット」という用語を使用する。これは3つの主な要素に分けられる。

 1つの要素は、アート自体と、それを創り出すアーティストをサポートすることで得られる満足感だ。このモチベーションは、自分のコレクションを博物館に寄付するなど、アートを支援する活動を行う人にとっては特に重要だ。ただし、もちろんこのモチベーションは重要なものだが、これ自体はオークションでの評価額には直接関係しない。

 次に、空間をあやどるために使用されるアートの「機能的(あるいは装飾的)ベネフィット」も、情緒的ベネフィットの一要素だ。これは通常、作品を制作する際のアーティスト本人の意図に最も近いものだ。

 あとひとつは、芸術を所有することで威信がもたらされるという要素だ。特にそれは、所有者の趣味の良さや、富と力を誇示するために使用される。例えば、多くの家の玄関やオフィスのエントランスには、現代アートの大作が飾られている。

 経済学者はこれを、「顕示的消費」と呼ぶ。人々が豊かになるにつれて、高品質のアートに対する彼らの需要は増加する。実際アートは、権力の表現手段として使用される長い伝統を持っており、教会権力はその最たる例である。

 それでは結局のところ、アート市場を動かすもの何なのか? ハイレベルのマーケットに限ってみると、そこでは供給がきわめて限られているために、「投資」と「消費」とが錯綜しているというのが実情だ。

 有名アーティストの作品は、市場に品質と安心のシグナルをもたらし、富裕層や権力者を惹きつける。作品のユニークさと希少さが需要を押し上げ、他方ではその供給を制限することにもなり、結果として価格上昇につながる強力なトレンドを作り出す。

 しかし、ここまでの説明をもってしても、ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」に支払われた高価格を完全に説明することはできない。落札についての分析を見る限りでは、その極端な高価格をつくる上で重要な役割を果たしたのは、オークションハウスによる市場キャンペーンだったとも考えられる。

 ともあれ、商品としての価値意外にも、アートは市場価値に単純変換できない文化的価値と社会的意義を持つことは確実だ。ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」は、じっさい4億5,000万米ドルで落札された。しかしそれ以外の、たとえばシスティーナ礼拝堂の天井に描かれたミケランジェロの大作などは、そもそも販売自体が不可能だ。それではその絵は価値がないのかと言えば、もちろんそんなことはない。そういったアートは、もとより価格では測れないのだ。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article
Translated by Conyac

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends