ウォーリーがすぐ見つかる!『ウォーリーをさがせ!』のパロディ・コロナ版が話題に

Pedro Mezzini

◆ウォーリーも自宅待機すべき?
「この非常事態のなか、ユーモアを届けてくれてありがとう」「すごく笑った」「この本があるなら、ほしいです」「ウォーリー、歩き回るんじゃなくて、いまは家にいるべきじゃないのか」といったコメントが寄せられている。

 Mezziniさんに問い合わせたところ、Mezziniさんが住んでいる地域も「いま、外出は、食料の買い出しと犬の散歩だけが許されています。通常通り働いているのは、医療従事者と警察だけです」とのこと。職場は広告代理店だが、いまは在宅ワークに切り替えているそうだ。「地元の人はみな、この措置を真剣に実行していますね」と、まさに、コロナ版の様相になっていることを教えてくれた。

Pedro Mezzini

Pedro Mezzini

 キャラクターを一生懸命探すというシリーズの意図とは違うが、コロナ版が本当に出版されたとしたら、購入する人は多かったのでは。

Text by 岩澤 里美

Recommends