『トップガン』新作、日台の国旗を削除? 「中国に配慮」と話題に

Chris Pizzello / Invision / AP

 トム・クルーズ主演の大ヒット映画『トップガン』の続編の予告編が公開された。すると、前作で主人公が着ていたジャケットに貼られたパッチの日本と台湾の国旗が別のものになっていると、ソーシャルメディアなどで話題になっている。巨大市場中国を意識した、ハリウッドの動きが注目されている。

◆日台が消えた? 背中のパッチに変化
 1986年公開の『トップガン』では、トム・クルーズ演じるマーヴェリックが着ていたボンバージャケットの背中には日本と台湾の国旗がついていた。しかし、予告編に現れた同じジャケットでは、日本国旗は白地に赤い三角に、台湾のものは同じ色使いの意味不明な柄に変わっている。

                                                                                                                 

 ソーシャルメディア上では、同作品に中国のテック企業テンセントの子会社、テンセント・ピクチャーズが「投資家および共同マーケティング責任者」として参加していると指摘する人々がさっそく現れた。彼らは、日本が尖閣諸島問題で中国ともめていること、また台湾が「一つの中国」を認めないことが関係していると見ている。(CNN)。

Text by 山川 真智子