「胸の高鳴りを感じた」華麗なデコトラの世界、海外も魅了

akiyoko / Shutterstock.com

 きらびやかな装飾に、人情味溢れるドライバー——。デコトラの世界が、アメリカメディアの密かな注目を集めている。アメリカでは速さを競うレースが盛んだが、純粋にカスタマイズの美しさで勝負する習慣はこれまでなかったようだ。世界的ファッションブランドの広告にも取り入れられるなど、日本発祥の趣味の世界としてゆっくりと知名度を上げつつある。

◆海外に衝撃
 ライターのサラ・ベアード氏は、初めてデコトラを見たときの衝撃的な感情を米誌アルステクニカ(2016年12月28日)に綴っている。「しかしそれが通り過ぎた時、私は立ち止まった。思わず目を見開いて凝視してしまい、まるでファンの女の子が街頭でお気に入りの映画スターを見かけた時のように、ドキドキして夢中だった」。丁寧なペイントや虹色に点滅する車体のランプの帯などが氏の目を奪ったようだ。

                                                                                                                 

 同誌によるとデコトラは、70年台の映画『トラック野郎』がきっかけで日本全国に広まったという。滑稽なストーリーと人情味溢れるキャラクターが売りのこの映画は、装飾ブームの火付け役になった。

 CNNでは、こうしたトラックは全盛期には数千台あり、現在でも500〜600台が存在するとしている。カスタマイズは進化し続けるため、そのデザインは永遠に完成することはなく、改造費用は1000万円に達するケースもあるとのことだ。

Text by 青葉やまと

Recommends