米誌が選ぶベストダイエットに「DASH」と「地中海式」 専門家が勧める理想の食事

Evan Lorne / Shutterstock.com

 米誌USニューズ&ワールド・レポートは、2018年版のベストダイエット・ランキングを発表した。40種類もの話題のダイエット法を専門家らが評価し、減量効果や疾患の改善性など、8部門で評価したものだ。8年連続の総合1位に輝いた「DASH」ダイエットに加え、今年は「地中海式」が同じく1位で並んだ。食習慣をじっくりと改善するこれらの有効性が認められた一方、短期間に効果が出ると話題の「ケト」や「ホール30」が最下位にランクされる意外な結果となった。

◆DASHと地中海式で健康的なダイエット
 米国立保健研究機構は、最も優れたダイエット法と評価されたDASHの効果を詳しく紹介している。DASHは「Dietary Approaches to Stop Hypertension(高血圧予防のための食事法)」の略で、塩分摂取の抑制に主眼を置いた食事療法だ。具体的には、野菜、フルーツ、全粒穀物の摂取を主軸に据えたダイエットメニューとなっている。元々は高血圧の予防と治療のために開発された手法のようだ。抗高血圧薬に匹敵するか、それを上回る効果が認められているというから驚きだ。コレステロール値を下げる効果もあるという。保健研究機構では、長期的なライフスタイルの変化をサポートする健康的な食事プランだと評価している。

                                                                                                                 

 CNNでは、1位タイに並んだ地中海式ダイエットについても紹介している。地中海産の食品を中心としたこのダイエット法は、骨の強化や心機能の向上のほか、アルツハイマーと乳がんの予防など、幅広い効果が期待できるという。野菜、フルーツ、そして魚を中心としたシンプルな料理を推奨しているという。少量の卵、鶏肉、オプションでワインを加えても良いという自由度から、長期的にも続けやすそうだ。地中海というだけあって、エクストラバージン・オリーブオイルの使用を強く推奨している点も特徴的だという。

 これら2種のダイエット法は、健康的食習慣の部門でも1位タイに挙げられている。健康を維持しながら減量できる点が評価されたものと言えそうだ。

◆減量効果重視なら……
 健康的かをさほど重視せず、とにかく体重を落としたい場合もあるだろう。CNNでは、減量効果の高いダイエット法として、HMRプログラムとウェイト・ウォッチャーズに注目している。HMRはHealth Management Resources(健康管理リソース)プログラムの略で、肉類をシェーキや栄養補助食品などで置き換える手法だ。また、野菜とフルーツを食事に追加する。他方のウェイト・ウォッチャーズは、地中海式とDASHを組み合わせた内容のようだ。摂取すべき魚とフルーツの量が抑えられており、取り組みやすい点に利があるという。

 ABCニュースでは、このうちウェイト・ウォッチャーズを詳しく解説している。このプログラムでは食品にポイントが割り当てられ、健康的な食事で満腹感を感じられるよう工夫されている。脂質や糖質の多いメニューほど大きなポイントを消費する仕組みになっている。また、ダイエットの参加者らがグループミーティングに参加し、アドバイスを受けられるなど、継続しやすい環境が用意されているようだ。

◆ムリな挑戦にご用心!
 残念ながらランク最下位となってしまったのが、ケトとホール30ダイエットだ。糖質制限とタンパク質の多量摂取を行うケトについてCNNでは、炭水化物不足による疲労感と軽い頭痛を伴うケースがあると警鐘を鳴らす。ある栄養士によると、ケトダイエット中に摂取できる炭水化物の量は、1日あたりりんご1個分に満たないとのことだ。また、糖質制限後に多量の糖質を摂取する「サイクル」を繰り返すため、ホルモンの変動も懸念されるという。

 ABCニュース(1月3日)もケトなどについて、「ベーコンのつまみ食いを推奨するようないかなるダイエットも、健康増進のための食事法と真剣にみなすことはできない」という厳しいコメントを紹介している。また、砂糖や穀物などを30日間完全に断つホール30ダイエットについても、特定の食品群を不必要に切り捨てる手法だとの見方を伝えている。

 ランキングを発表したUSニューズ&ワールド・レポート誌では、短期的な成果を追うケトなどに注意を促し、長期的なゴールを見据えてじっくり取り組むことが大切だとしている。ダイエットに近道なし、といったところだろうか。

Text by 青葉やまと

Recommends