「普通の人」がエクストリームスポーツから学べることとは?

getmilitaryphotos / Shutterstock.com

著:Eric Brymerリーズ・ベケット大学 Reader, Psychology with Outdoor and Adventure Studies)

 ベースジャンピングウィングスーツ飛行大きな波をかいくぐるサーフィン、険しい場所でのスキー、1本のロープでのフリークライミング・・・このようなエクストリームスポーツにいそしむ人々のことを、私たちは危険を冒す人たちだと考える。このタイプの人は若い男性であることが多いが、「興奮状態」を求める「風変わりな快楽主義者」もしくは「刺激を求めてやまない人」という印象を持たれることだろう。

 エクストリームスポーツをする人々をこのようにステレオタイプ化することに伴う問題は、その印象が必ずしも真実だとは限らないだけでなく、エクストリームスポーツが「普通の人」の手に届かない存在のように見なされてしまうところにある。

 この見方は、弊害が著しくなる可能性がある。これは特に私がこのテーマに関する文献を探していた時に見つけたのだが、エクストリームスポーツは実は普通の人にも手が届くほか、多くの参加者でひしめく既存スポーツよりも優れた効果があるという証拠があるからだ。

 エクストリームスポーツを行っている30~70歳の人を対象にインタビューをしたところ、そのスポーツをすることで短期的、そして中長期的にも、前向きかつ幅広い生活の変化につなげられたという。だから実は、エクストリームスポーツをしている人は、よくある短い動画にあるような高速で動く体験をしているというよりは、その間、マインドフルネスに似た感じの平安と静寂を味わっていたのだ。

 これまで悪いと考えられてきた恐怖などの感情が自分の可能性を制約しなくてもよいと気づくことなど、こうした経験は、長い期間にわたって健康を長く維持できる利点がある。

main

エクストリームスポーツを通して健康を維持できる Shutterstock.com

 このような内省は、人の日常生活を変えてしまえることがある。もう「人生に退屈する」ことなどなくなってしまうと自らの状況を説明したうえで、そのスポーツに「情熱」を抱くようになると話している。エクストリームスポーツをするようになってから、自分以外の他人とこの地球をより前向きに見つめるようになれるらしい。

◆人間の可能性
 あらゆるエクストリームスポーツに取り組む人たちは、日常生活では得られない、ある種異常なほどの知覚を経験したとよく話していた。これは、エクストリームスポーツをしている間、その人の視覚、聴覚、感情にまつわる能力がすべて向上するためである。

 例えばベースジャンピングをする人の場合、たとえ時速200マイル(320キロ)で高速移動しているときでさえ、岩の片隅、裂け目、暗がり、色などを見分ける能力が高まったと話している。さらに、環境と一緒になれるような感情が芽生え、その感情によって、自分も自然の中の一部だと心から感じられるようになるようだ。

 エクストリームスポーツをするアスリートたちの多くが、自然環境に関する教育やその保護のために多大な時間とエネルギーを費やしているのは、そのためかもしれない。人間の潜在性を垣間見るこの体験が、心理学的な健康をより広く学ぶ機会になっているのだ。

◆死の危険性
 しかしもちろん、この種の運動に取り組む際には、管理の行き届かないミスや事故によって死に至る可能性もある。それは、「この種の人たち」が「異常」であるという理由を除いて、エクストリームスポーツをあえてしようとする理由をこのスポーツをしない人が理解しづらい原因の一つであろう。

 しかしここでいう死のリスクは、エクストリームスポーツに取り組むにあたり、かなりのハードワークとともにかなりの決意を求められる理由の大部分を占める。エクストリームスポーツは、急スピード、スリル、快楽主義に関心のある人向けのものではない。事実、刹那的、快楽主義的な結末に関心のある人は、別のはけ口を求めた方がよい。エクストリームスポーツをしようとする人は、自らが入ろうとしている環境のことを驚異的なレベルで理解しなくてはならない。そして例えばベースジャンピングをする際の風の方向など、コンディションが良好でない場合には、深入りを避けるだろう。

main

ベースジャンピング(崖や建物の屋上からロープなしで飛び降りるスポーツ) Shutterstock.com

 エクストリームスポーツをする人は、自らの身体的、精神的な能力や限界をよくわきまえてもいる。このスポーツは、ある活動ができるかできないかを見つけるところではないので、この点はきわめて重要だ。

 ベースジャンピングを始める人は、ベースジャンパーとしてこのスポーツに取り組むのではない。それはちょうど、大きな波を乗りこなすサーファーが徐々にスキルを向上させていくのと同じだ。また、1本のロープを使うフリークライマーも、それほど困難でない場所でロープを使って登るところから始める。多くの場合、エクストリームスポーツに向かう道のりは、スキルと知識を入念に蓄積していく過程なのだ。

◆スポーツのヒーロー
 私自身が行った研究の結果、エクストリームスポーツには、人間であることの意味、そして人間ができることに焦点を当てる力があるのは明らかである。しかしこれを実感するためには、社会として、エクストリームスポーツを恵みある存在として受け入れる文化面での変化が必要だ。それは、エクストリームスポーツをする人を人間行為の可能性の実例として認識する見方に変えることでもある。

main

カヤックなどの穏やかなスポーツでも似た効果を得られる Shutterstock.com

 ただし、街に繰り出して流行りのベースジャンピングクラブをお探しになる前に、1つ朗報をお伝えしよう。それは、一般的なアドベンチャー・スポーツにも多くの利点があることだ。そのアクティビティには、クライミング、カヤック、登山などがある。アドベンチャー・スポーツには、サッカーやクリケットのように厳格に統制された試合場などの制約を受けるマイナス材料がない。また、勝敗をかけた争いにもこだわらない。

 このようなスポーツは誰に対しても開かれたものであり、エクストリームスポーツと同じく、運動をする人に健康という素晴らしい感覚を与えられるほか、自然環境と深いところでつながれる感覚を呼び起こさせてくれる。水上で、 岩肌で、山の途中で楽しみつつ、このよう感覚がすべて得られるのなら、いいことずくめではないだろうか。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Conyac

The Conversation

Text by THE CONVERSATION

Recommends