時代は変わる--強くて元気なホラー映画の女性たち

Lario Tus / Shutterstock.com

著:Beth Youngerドレイク大学 Associate Professor of English & Women’s and Gender Studies)

 第70回カンヌ国際映画祭の授賞式後、審査員を務めた女優ジェシカ・チャステインは、映画祭で上映された作品の女性像は「実に気分の悪い」ものだったと語った

 多くの女性にとって、これは斬新な意見ではない。カメラの前でも後ろでも女性が不足していることは、近年のハリウッド批判の中心となっている。女性の役が少ないことやステレオタイプの役にキャスティングされる傾向があることを研究者やライターは詳述している。

 南カリフォルニア大学でコミュニケーション学を教えるステイシー・スミス教授は、映画とテレビにおけるジェンダーと人種の描写を研究している。教授によると、2006年から2011年にかけて公開され最高興行収入を記録した映画129作の登場人物5,839人のうち、少女や女性の割合は30パーセントに満たないという。また、作中に2人以上の女性が登場し、男性の話題以外の会話をするかを問うベクデル・テストの基準を満たしている映画はたった50パーセントだ。

 映画における女性の状況は厳しいが、絶望的というわけではない。女性がますます重要な役割を果たしているジャンルに、ホラーがある。そう、叫び声は今も昔も恐怖映画に欠かせない要素だ。しかし、女性たちは今、作品の中核を担っている。犠牲者ではなく、モンスターやヒーローとして。

◆トレンドに逆らって
 女優ジーナ・デイヴィスが設立したメディアにおけるジェンダー表現を研究する非営利団体Geena Davis Institute on Gender and Media(以下“ジーナ・デイヴィス研究所”)は、映画におけるジェンダーの不均衡が女性や少女たちにどのような影響を及ぼしているかを示す研究結果を毎年発表している。

 例を挙げると、映画における女性のポジティブかつ重要な役は、仕事でもプライベートでも「世の女性をより意欲的にする」ことがわかった。しかし、ポジティブに描かれる女性が少ないと、逆の効果を生み、悪影響をもたらした

 最近、ジーナ・デイヴィス研究所とGoogleが行った研究では、この現象をさまざまなジャンルで調査した。ジェンダー、登場時間、発言時間といった一般の観客が見逃しがちなパターンを認識するため、機械学習技術を利用した「GD-IQ」(Geena Davis Inclusion Quotient:ジーナ・デイヴィス包括指数)なるものを開発して行われたこの研究の結果は、わかりきったものだった。――映画では、男性は女性の2倍登場し、発言する。

 しかし、ひとつ例外があった。ホラー映画だ。

◆ホラーのルネサンス
 まあ、これは納得の結果といえるだろう。最近のガーディアン紙の記事でも、いかに女性がこのジャンルで歴史的にもてはやされてきたかが論じられている。『キャリー』『ディセント』『ウィッチ』など、数多くの人気ホラー映画に女性が重要な役で登場してきた。

 そう、かねてよりホラーは女性に関心を持ってきた。昔から、殺人鬼やモンスターの餌食になるのは、声を限りに叫ぶ女性や少女たちだ。

 しかし、その役割は時代とともに変化している。この10年ほどでホラーのルネサンスが起こっているようだ。

 女性を餌食にして楽しんでいたホラーは、生存者や主人公として女性を描くようになった。残虐なポルノ映画だったホラーは、社会問題を扱ったり美しい映像にこだわったりする、中身のある繊細な映画へと転換を図っているのだ。

 2017年の始めに大ヒットしたジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』は、人種問題に切り込み、若く美しい白人女性を悪役に据えた。2015年、ロバート・エガース監督の時代劇ホラー映画『ウィッチ』が予期せぬ大ヒットを収めた。ロッテン・トマトで91パーセントという肯定的な評価を得た『ウィッチ』は、史実に忠実でありながらフェミニスト的な視点を持つ物語で観客を魅了した。清教徒時代のアメリカを舞台に、若き主人公トマシンが、彼女を魔女だと決めつけ、家族を襲うすべての不幸を彼女のせいにする親きょうだいと戦う。彼女は紛うことなき普通の10代の少女なのだが、男たちが支配する文化においては危険な生き物だと、この映画は言っているように思える。

 『ゲット・アウト』『ウィッチ』のほかにも、『イノセント・ガーデン』『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』『REC/レック』『死霊館』『ジンジャー スナップス』『アメリカン・ドクターX』『ジェニファーズ・ボディ』『サプライズ』など、女性が主役のホラー映画はまだまだある。

◆変わりゆく女性たちとストーリー
 『ハロウィン』『13日の金曜日』『悪魔のいけにえ』『エルム街の悪夢』に見られるように、過去数十年にわたり、ホラー映画に登場する性欲の強い女性は性的な罪に対する罰として早々に死ぬ傾向にある。

 この傾向を覆すのが、『イット・フォローズ』(2015)だ。マイカ・モンロー演じる若き女性主人公ジェイは、デートの相手とセックスしたために目には見えない謎の追っ手と戦う羽目になる。しかし、『イット・フォローズ』は、ジェイやほかの女性登場人物をセックスの廉で罰しようとはしない。ある批評家は、社会や友人や家族から受けた扱いによるレイプ被害者のトラウマを強調することで、『イット・フォローズ』はレイプ・カルチャーを批判しているという興味深い主張を展開している。高い評価を得たこの恐ろしいホラー映画は、私たちがかくありたいと願う少女としてジェイを描いている。彼女は謎を探り、迫りくる敵に反撃し、最後に勝利するのだ。

 とうの昔にやり尽くされたようなシリーズでさえも、女性を主人公にしてリブートされようとしている。オリジナルの『悪魔の棲む家』(1979)は、ニューヨーク州アミティヴィルにある家で起きた実話を元に製作された。幽霊屋敷に脅かされ崩壊する核家族の物語は、12作の続編やスピンオフを生んだ。

 そして、2017年夏、『悪魔の棲む家』シリーズの新たな続編『Amityville: The Awakening(原題)』が全米公開予定だ。ジェニファー・ジェイソン・リー演じるシングルマザーとベラ・ソーン演じる娘が、悪名高いこの家で暮らすことを余儀なくされる。本作のポスターでは、ベラ・ソーンの顔が家の上に重なっており、彼女が恐怖の家よりも重要である(そして力強い)ことを示唆している。

 私たちの社会のさまざまな領域において女性の役割は拡大し続けており、ホラー映画の中で同じ現象が起きているのは当然のことだ。『ワンダーウーマン』の大ヒットを受け、ほかのジャンルが早々にホラー映画に倣い、主人公やヒーロー、はたまた時には魔女として女性を活用することを願うばかりだ。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Naoko Nozawa

The Conversation

Text by THE CONVERSATION

Recommends