豪で4年連続販売1位トヨタ ハイラックス その人気の理由は?

 トヨタ ハイラックスが世界的に人気だ。昨年2019年にはオーストラリアで4万7000台以上を売り上げ、2位のフォード レンジャー(4万960台)を上回り新車販売実績でトップに輝いている。ハイラックスの豪首位キープはこれで4年連続となる。絶大な支持を得るハイラックスの強みは、その絶対的なタフさとマルチユースの利便性にあるようだ。

♦︎信頼性に定評
 ハイラックスはトヨタが世界展開するピックアップトラックであり、その初登場は50年以上前の1968年にまで遡る。その後幾度とない改良を経ながら、現在では世界180以上の国と地域にまで販路を広げた。

 初代以来、ハイラックスはタフさの追求を使命としてきた。とくに8代目となる現行モデルの開発においては、この特性のさらなる強化が開発の中心課題となったようだ。8代目ハイラックス開発責任者の中嶋裕樹氏は、「8代目ハイラックスの開発は、タフさの意味を根本的に問い直すことから始めたいと考えました」と語っている。実際に世界各地の過酷な道を走破し、顧客の声に直接耳を傾けたという。

 こうして培われた信頼性は、間違いなく市場にアピールしているようだ。オーストラリアのファインダー誌(2018年8月16日)は「信頼性に定評があること」をハイラックス人気の要因の筆頭に挙げている。現在オーストラリアで最も売れ筋となっているのはプレミアムモデルのSR5で、標準構成よりもパワフルな2.8Lターボディーゼルエンジンと、大型の18インチ・アロイホイールを搭載する。ハイラックスの特性をフルに発揮し、ワイルドな用途に耐えるモデルが受けていることがうかがえる。

Text by 青葉やまと

Recommends