ネオ・バイアグラ、がんに効く薬? 北朝鮮ショッピングガイドに並ぶ品々

AP Photo / Ng Han Guan

 オーストリッチ(ダチョウ)のなめし革に巨大なフラットスクリーンテレビ、「ネオ・バイアグラ」、そしてガンに効く薬?

 北朝鮮の公式ショッピングガイドは一見豪華で、商品に大満足した利用客からの称賛コメント、そして数多くの企業の最新商品や、電話番号、メールといった問い合わせ先情報が満載だ。ただ、実際に連絡がとれたとしたらラッキーと言える。

 北朝鮮の国際貿易促進委員会が作成した「2018年朝鮮商品」カタログをめくると、核兵器の陰に隠れてしまうことの多い、北朝鮮の別の側面が見えてくる。金正日委員長や多くの北朝鮮国民は、強固かつ持続可能な自国経済を作るためにより多くの、より良質な消費者製品を製造し、諸外国に売る必要があると確信している。

                                                                                                                 

 以前と比べると、「メイド・イン・北朝鮮」の製品数は増えているが、国際社会からの経済制裁により、ほとんどの商品は海外で販売することができない。

 北朝鮮でもっとも有望だと言われている商品をいくつか見てみよう。

◆エナジードリンク、エスキモーと水素水
 コカ・コーラなどの海外ブランドは、北朝鮮では比較的希少で、価格も高い。

 その格差を埋めようとしているのが、O-Il ゼネラル・プロセシング・ファクトリーだ。

 平壌の食料雑貨店に行くと、驚くほど多くのO-Il社製品や他の有名ブランド製の甘いソフトドリンクが商品棚に並んでおり、取扱店舗数も増えている。北朝鮮の主要航空会社である高麗航空にも、独自のドリンク製品ラインがある。

 メーデーを意味するO-Ilの商品は、全207ページの「2008年朝鮮商品」カタログ内で、12ページにわたって9つのエナジードリンクを紹介している。そのうち2商品には、バーベルの形を模したプラスチック性のペットボトルが使用されている。商品ページには、笑顔の少年がボトルを頭の上に掲げる写真が掲載されている他、「身長が高くなる効果」や「精神活動の強化」など、色とりどりの効能がいくつも並んでいる。

AP Photo / Ng Han Guan

 O-Ilは他にも、さまざまなヨーグルトや乳飲料、フルーツジュースや紅茶、ゼリーのほか、「エスキモー」というブランドで知られる数十種類のコーン付きアイスクリームにアイスキャンデー、アイスクリームサンドも製造している。フレーバーにはチョコレートやストロベリーはもちろん、チーズや発酵豆、ラクトバチルス(乳酸桿菌)を使用したものもある。

 O-Ilの最新商品の1つは、「21世紀の不思議な健康水」と冠した水素水だ。

 広告では「ビタミンCの176倍、ビタミンEの431倍、コエンザイムQ10の863倍の抗酸化力」があると謳い、「水素水は精神的、肉体的疲労を防ぎ、アンチエイジング効果や、あらゆる毒を中和する効果があり、放射能やオキシダント(スモッグなどの酸化性物質)によるダメージを予防し、免疫力を向上させ、ガンと戦い、血液を浄化させることで動脈硬化にも効果がある」のだという。

◆ガンを治す奇跡の薬?
 北朝鮮には古くから伝わる伝統的な「高麗」薬があり、国内で広く使用されている。現代的な西洋の薬が欠乏しているという要因もあるが、中国人旅行客には長きにわたって人気の商品だ。

 北朝鮮は、輸出品としての大きな可能性を見出している。

「高麗」薬の主要な取扱業者であるプガン製薬会社は、健康サプリメント製造の草分け的存在であるとともに、広告宣伝を使った販促活動でもパイオニアだ。しかし資本主義的活動が今もなお公式に非難される同国では、難しいビジネスだ。平壌のデパートや外国人向けの土産店などに行くと、同社で最も有名な商品「ロイヤル・ブラッド・フレッシュ」のポスターが貼られている。また、北京発の高麗航空便のインフォマーシャルにも掲載されている。

 さて、これはいったい何なのか?

 カタログによると、ロイヤル・ブラッド・フレッシュの主成分は豆類で、深刻な静脈血栓症の予防や治療に役立つため、長時間のフライトにおすすめだという。外国人観光客向けのポスターには、「ロイヤル・ブラッド・フレッシュで安全なフライトを」、「より若く、より賢くなれないはずがない」と書かれている。

 誇大広告が掲げられたサプリは他にもある。プガン社の「カムダン2・インジェクション」は野菜をベースにした薬で、製造者いわく、多くの国に輸出されているという。数年前には、「副作用がなく、ガンと結核に効果的な薬」だと宣伝され、欧米メディアで話題になったともいわれる。

 カタログには「お客様の喜びの声」が寄せられ、薬について語られたものが目を引く。

「私が病院で診断を受けた際、左肺に3×4cmの腫瘍があることを知りました」というのはトンボン抗ガン薬を購入し、満足したという平壌在住のリ・クム・ジョン氏だ。「3ヵ月間で3カートン服用してみると、食欲が回復増進し、体重が3kgも増えました。腫瘍も消え、トンボン抗ガン薬だけでガンが治癒したのです。人々が命を取り戻すことのできる、最高の万能薬です」。

◆ラジカセ、セメント袋、ナノダイヤモンド
 ソニー、サムスン、ファーウェイが気を揉むことはないが、北朝鮮には複数の電気機器ブランドがある。

 イギリスのフェニックス・コマーシャル・ベンチャーズとの合弁会社として2003年に設立されたハナ・エレクトロニクス・トレーディング・カンパニーは、最も有名な企業の1つだ。カラオケ用ラジカセやフラットスクリーンテレビ、DVDプレイヤーなどを製造している。アーヒムやピョルムリといった有名ブランドもテレビを製造しており、最近では3D映像が人気だ。他にもノートパソコンやタブレットも販売している。

 製品がすべて北朝鮮で生産されたものなのか、組み立ててブランドを付け替えただけのものか、は不明だ。ただ、基本的にどれも使えるものだ。

 セメント袋やサウナ用の薬石タイルなど、ガイドブックの広告には明らかに産業バイヤー向けのものも含まれている。

 平壌コスメ工場の口紅やスキンクリーム、朝鮮ポンファゼネラルグループのランジェリー、さらにハーブの歯磨き粉や真鍮製品、さらに「史上最高の精力剤」と謳われたネオ・バイアグラY.R.などのページもある。

AP Photo / Ng Han Guan

 カンガン・トレーディング・カンパニーは量子コンピュータや化学療法に有用なナノダイヤモンドを宣伝している。純度は99パーセント、とある。

By ERIC TALMADGE, Associated Press
Translated by isshi via Conyac

Text by AP

Recommends