グーグル、「ロケーション履歴」オフでも位置情報を記録 サポート情報に反する

AP Photo / Frank Franklin II, File

 グーグルは、自分の動きを記録しないようはっきりと指示した場合でも、我々の居場所を知りたいと強く願っている。
 
 AP通信の調査によると、グーグルが提供するアンドロイド端末やiPhone上の多くのサービスが、プライバシー設定で現在地データを収集しないように設定した場合でさえも、ユーザーの現在地データを記録していることが明らかになった。

 プリンストン大学のコンピューターサイエンスの研究者たちはAP通信の要請を快諾し、この発見が事実であることを確認した。

 グーグルはほとんどの場合、ユーザーの現在地情報の利用許可を得ることに積極的である。グーグルマップのようなアプリを起動して道案内に使おうとすると、現在地情報にアクセスして良いかを尋ねる確認画面が表示される。同意すると、グーグルマップは時間が経つにつれて、日々の移動の履歴を「タイムライン」に表示するようになる。

 1分刻みの位置情報を記録することは、プライバシー上のリスクを含んでいる。したがって、グーグルの設定では「ロケーション履歴」という設定を「一時休止」にすることが可能だ。

                                                                                                                 

 グーグルによると、ロケーション履歴の設定をオフにすると、これまでの居場所を記憶させないようにできるという。グーグルのサポートページでは次のような記述がある。「ロケーション履歴はいつでもオフにできます。ロケーション履歴をオフにすると、ユーザーが訪れる場所は保存されなくなります」

 しかし、これは真実ではない。ロケーション履歴が一時休止の場合でも、いくつかのグーグルのアプリはユーザーに確認をとらずに自動的にタイムスタンプ付きの現在地データを記録する(手間はかかるものの、その情報を消去することは可能だ)。

 例えば、ユーザーが単に地図アプリを起動しただけの時でも、グーグルはユーザーの現在地情報のスナップショットを記録する。アンドロイド端末のスマートフォン上で日々の気象情報が更新される度に、ユーザーの現在地情報が使われる。したがって、アプリはロケーション履歴の取得の許可とは関係なく、現在地を検索できるのだ。

 このプライバシーに関わる問題は、グーグルのアンドロイドOSが実行されている端末を所有するおよそ20億人のユーザーと、地図や検索のためにグーグルのアプリを使用している何億人もの世界中のiPhoneユーザーに影響が及ぶ。

 プリンストン大学のコンピューター科学者であり、連邦通信委員会の実行委員会の元主任技術者でもあるジョナサン・メイヤー氏は、ユーザー設定に違反して現在地データを記録することは間違っていると語る。メイヤー氏の研究室に所属する研究者は、複数のアンドロイド端末を使ってAP通信の調査結果が適切であることを確認した。一方で、AP通信は何台かのiPhoneを使って独自のテストを行い、アンドロイド端末と同じ挙動を発見した。

「もしユーザーに『ロケーション履歴』という設定をオフにするのを許可するのであれば、ロケーション履歴を保持する全ての箇所やアプリでも、オフの設定になるべきだ」とメイヤー氏は話す。

 グーグルは、この動作は火を見るよりも明らかである、としている。

 グーグルはAP通信に宛てた声明の中で「ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、グーグルが位置情報を使いうる異なる方法が多数存在する。それらは、ロケーション履歴やウェブとアプリのアクティビティをはじめ、デバイスレベルでの位置情報サービスの利用が含まれる。当社は、ユーザーが自由にオンオフを切り替えたり、いつでも履歴を消去したりできるように、これらのツールに関する明確な説明と堅牢な制御を提供している」と述べた。

 同社は、現在地情報を参照するとは明確に述べていないものの、グーグルがこれらの現在地マーカーを保存しないようにするためにユーザーは他の設定をオフにすることができるという。「ウェブとアプリのアクティビティ」という設定によって、グーグルのアプリやウェブサイトからユーザーのグーグルアカウントへ送られる様々な情報の保存の可否を設定できる。

 この設定を一時休止にすれば、いずれのデバイスからもユーザーのアカウントへ情報の保存が行われないようにすることができる。しかし、「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにしたまま「ロケーション履歴」をオフにするだけでは、グーグルが日々の移動を視覚化する「タイムライン」にユーザーの動きを追加するのを防止するだけとなる。この設定では、グーグルが他の現在地マーカーの収集を停止することにはならない。

 ユーザーのグーグルアカウントに保存されたこれらの現在地マーカーはmyactivity.google.comというページで確認することができる。こちらもやはり手間はかかるものの、その情報を消去することは可能だ。

 これらの他のマーカーがどのくらい強力かを実証するため、AP通信は、プリンストン大学の博士課程を修了した研究者であるガネス・エイカー氏にロケーション履歴をオフにしたアンドロイド端末のスマートフォンを携帯してもらい、同氏のグーグルアカウントの共有許可を得た上で、同氏の動きを追跡した視覚的な地図を作った。

 この地図には、エイカー氏が電車でニューヨーク市街の2箇所へ移動した軌跡と、ハイライン・パーク、チェルシー・マーケット、ヘルズ・キッチン、セントラル・パークおよびハーレムへ立ち寄ったことが記録されている。

 最先端テクノロジーを誇る数々の巨大企業は、フェイスブックにおける一連のプライバシースキャンダルや、欧州連合各国で最近制定された新しいデータのプライバシーに関わる規則に従い、自社における各種データの利用状況をより注意深く監視するようになっている。

 批評家たちは、グーグルがユーザーの現在地情報の追跡にこだわる背景には、広告収入を増やしたいという強い意向があると言う。

 グーグルの競合、広告テクノロジー会社のディースティレリーで地理空間分析に従事するピーター・レンツ氏は、「グーグルは位置データから広告に利用できる情報を抽出している。おそらく、より多くのデータが得られるほど、より多くの利益が得られているのだろう」と語る。

 AP通信は、カリフォルニア大学バークレイの大学院生であるK.シャンカリ氏からこの問題を学んだ。同氏は都市設計家を支援するためにボランティアで人々の通勤パターンを研究している。シャンカリ氏は、ロケーション履歴をオフに設定していたにもかかわらず、自分のアンドロイド端末のスマートフォンが、彼女がショッピング目的で出かけたコールズへの旅を評価するように促したことに気付いたのだった。

 同氏は「私は、原則として現在地情報をバックグラウンドで追跡することに反対はしない。ただ、明確に示していないのに勝手に現在地情報を収集していることを非常に煩わしく感じている」と話した。

 グーグルは、ユーザーアカウントのウェブページ場で設定を一時休止にした場合にポップアップするウィンドウ内で、どのようにロケーション履歴が機能するのかをより正確に説明している。この説明によると、「検索、マップなど他のグーグルのサービスを利用すると、一部の現在地データがそのアクティビティの一部として保存されることがある」となっている。

 また、「ウェブとアプリのアクティビティ」設定をいったんオフにして、再びオンにすると、また別の分かりにくい説明が登場する。その説明によると、この設定は「グーグルのサイト、アプリおよびサービスで実行する内容……および現在地のような関連した情報を保存する」としている。

 アンドロイドやiPhoneなどのデバイス設定でロケーション履歴をオフにした時に表示される警告は、解釈がさらに難しい。

 2014年以来、グーグルは、広告主が顧客の出足を促進しようと狙うオンライン広告の有効性を追跡できるようにしている。グーグルによると、この機能はユーザーのロケーション履歴に依存しているということだ。

By RYAN NAKASHIMA, Technology Writer
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends