大人のフェラーリ:フロントエンジンのフェラーリに乗るという贅沢

© Ferrari

 「フェラーリはミッドシップが本流だ」と思っていること自体が、にわかフェラーリスタの証であると言えるかもしれない。実は、フェラーリ設立から約70年の歴史の中で、365GT4BBから512TRまでの約20年を除き、旗艦モデルはフロントエンジン後輪駆動(FR)、V型12気筒エンジンを採用しているのだ。

 現在、日本向けで販売されているフェラーリは、812Superfast、488GTB(スパイダーも含む)、GTC4Lusso、Portofino、GTC4LussoTの6タイプ。フラッグシップモデルは812Superfast(スーパーファスト)。6.5リットルV型12気筒エンジンをフロントに搭載する2シーターFRモデルだ。

main

                                                                                                                 
© Ferrari

 最高出力は800馬力とフェラーリ史上最強のFRロードカーである。12気筒エンジンにFRレイアウト。まさにトップ・オブ・フェラーリの系譜を引き継ぐモデルである。

 FRにこだわるのであれば、3.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するGTC4LussoT、Portofinoもいいだろう。

main

© Ferrari

 GTC4LussoT(ルッソ4)のネーミングの「4」とは、創立者エンツォ・フェラーリが愛した250GTベルルネッタ ルッソなど輝かしい4シーター(4人乗り)モデルあることを示している。後述するGTC4Lussoに比べ、手軽に乗れるフェラーリとして登場した。

 搭載エンジンは610馬力を発揮し、リヤホイールステアリング(4WS)を採用。軽量なFRレイアウトによって俊敏性とレスポンスに優れた走行性能を発揮する。往年の250GTを彷彿させるハッチバックボディの採用。広大なラゲッジスペースを備えている。

Text by 小野 真人

Recommends