スーパーカーのSUV:ロールスロイスなど続々と高級SUVが登場

© Maserati

 かつてランドローバー・レンジローバーはその豪華なインテリアなど「砂漠のロールスロイス」と呼ばれるほど高級SUVだった。エリザベス女王が自らハンドルを握っている画像がスクープされたこともある。

 現在は、各メーカーから高級SUVが続々と登場しているが、ついに「本家」ロールスロイスもSUV「カリナン」を2018年に投入するという。

main

                                                                                                                 
© Rolls-Royce

 すでに各メーカーから高級SUVが登場しているが、ロールスロイスのカリナンがこのジャンルでもTOP OF KINGになることは間違いない。

 そのフォルムは、ロールスロイスが謳う「ボディに対するホイールの高さが2:1のクラシックなプロポーション」を実現している。アイコンのパルテノングリルと呼ばれるフロントグリルと相まって、誰もがひと目で「ロールスロイス」とわかるシルエットである。

 パワーユニットは、ファントムと同様に6.6リットルV型12気筒ツインターボエンジンに8速ATが組み合わせられるという。現在のロールスロイスには4WDのラインアップが存在しないが、同社を傘下に収めるBMWの4WDシステムxDriveが投入されることだろう。

 2018年現在の最高級SUVと言えばベントレー・ベンテイガだ。エクステリアおよびインテリアはコンチネンタルGTのそれ。パワーユニットも6リットルW型12気筒ツインターボエンジンと、まさにコンチネンタルGTのSUV版といえる内容だ。

main

© BENTLEY

 このあたりはヨーロッパメーカーらしく、どのタイプのクルマを乗っても「ベントレー」とひと目で感じさせるようなブランドデザインがされている。人によっては「ロールスロイス・カリナンとベンテイガが高級SUVの双璧をなす」と言うかもしれない。しかし、それは大きな間違いだ。

main

© BENTLEY

 そもそもベントレーはスポーツカーメーカーであって、かつてのロールスロイス傘下にあった頃とはクルマのキャラクターはまったく異なる。ベンテイガはスポーツ性を前面に出した高級SUVなのである。

 スポーティSUVと言えばマセラティ・レヴァンテとランボルギーニ・ウルスだろう。いずれもスポーツカーメーカーとして名を博しているだけに、見た目もスペックもスポーティだ。

main

© Maserati

 マセラティ・レヴァンテは3リットルのV型6気筒ディーゼルエンジンとV型6気筒ツインターボガソリンエンジンをラインアップ。それぞれにハイパワー仕様を設定しているため、4タイプのエンジンを選ぶことができる。駆動方式は4WDのみと近年増加しているオフロード性能を廃した2WDのSUVと一線を画している。それゆえ砂漠で行われた試乗会では、高いパフォーマンスを示したという。

 インテリアは、高級車メーカーらしく風合いのあるレーザーを駆使し、アナログ式時計がダッシュボード上にセットされているのは、まさしくマセラティのそれだ。

 しかし、これから紹介するランボルギーニ・ウルスと比べ、マセラティ・レヴァンテはシックな印象を受ける。それは色合いもあるのだろうが、シートの縫製や各部のステッチの入れ方にあると思う。さり気ない豪華さを求める人にはピッタリだろう。

main

© Lamborghini

 ランボルギーニにとってウルスは、軍用車として登場したチータ、その後1980年代に製造していた機動車両LM002以来のSUVとなる。
ウルスが当時のSUVと大きく異なるのが、まったく泥臭さは感じられないクーペフォルムであることだ。むしろアヴェンタドールなどといったスーパーカーのSUV版といっても過言ではなかろう。そのような印象を与えるのは、3分の2がボディ、3分の1がウインドウという同社のスポーツカーデザインの比率を採用しているからだという。

main

© Lamborghini

 搭載エンジンは4リットルV型8気筒ターボ。駆動方式はもちろん4WDだが、アヴェンタドールなどで培ってきた4WDシステムをさらに進化させている。オプションでオフロードモードや砂漠モードを備えることも可能。そこまでオールラウンド性能を追求しているといえるだろう。

 インテリアは、まさしくアヴェンタドール。センターコンソールなど各部は、スペースが広いSUVゆえ余裕があるが、エアコンの吹き出し口のレイアウトなどドライバーズシートに座った瞬間、「ランボルギーニ」と華麗なスポーティ感がある。

Text by 小野 真人

Recommends