優秀なリーダーになるには 科学で解明

Ilyafs / Shutterstock.com

著:Katie Baileyサセックス大学 Professor Of Management)、Amanda Shantz(ダブリン大学トリニティカレッジ Associate Professor in Human Resources and Organisational Behaviour)

 社会、政治、組織生活のあらゆる領域でリーダーに対する世界中の人々の注目が集まる中、リーダーシップにかつてないほどスポットライトが当てられている。ただしリーダーは頼みの綱というよりどちらかというと問題のひとつとみなされることが多い。これが政治家になると、政党の党首らは明確なビジョンを提供できない、個人的倫理観の欠如、公約の実行力のなさなどを指摘されることが往々にしてある。

 英国のメイ首相は2017年の総選挙において保守党の大敗を広く批判された。メイ首相の「強力で安定した」指導力というロボットのように主張する自説は大きな非難の的となった。

                                                                                                                 

 一方、ニュース報道は米国のトランプ大統領が主張するをとめどもなく列挙し、大統領職への適格性を疑問視している。また、世界の政治家は、経済的理由とは対照的に、倫理的理由で政策を支持したり阻んだりする傾向が強まっている。

 組織環境では、金融危機、一連の企業の不祥事、従業員がよい仕事を確保する際に直面する目の前で起きている問題の結果、指導者への信頼のレベルは史上最低という話を聞く。我々が最もよく耳にするのが要人の失敗のケースであるのはやむを得ないが、リーダーシップとは階層のトップだけに起こるプロセスではない。リーダーシップと組織環境におけるリーダーシップの機能について知りたければ、リーダーシップの行動や態度が組織全体にいかに拡散していくかを検討することも必要だ。

◆研究からわかること
 我々は研究の中で、何が効果的な指導者を創り出すのかを発見することを目標とした。短期の財政的課題に不断の焦点を置くことで生ずる失敗に対する対抗手段として思慮深く目標を持ったアプローチがもてはやされることが多いため、我々は「目標のあるリーダーシップ」に特に関心を抱いた。

 目標をもったリーダーとは独自の確固たる倫理基準をもつ人物で、説得力のあるビジョンを持ち、意思決定に際しては幅広い利害関係者のニーズを考慮する。他にも多くのタイプのリーダーがおり、例えばカリスマ的なリーダーは、個性とビジョンの力に依存して部下の業績を上げる。ただし、他のタイプのリーダーシップと同様、カリスマ的なリーダーシップは、逸脱した行動に向かう危険な展開に部下を陥れる暗い一面をもつことがある。

Text by The Conversation