your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

カタルーニャ独立派勝利も「18ヶ月後の独立」は困難 政府側が強気の理由とは?

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

カタルーニャ独立派勝利も「18ヶ月後の独立」は困難 政府側が強気の理由とは?

 スペインからの分離独立の機運が盛り上がっている同国のカタルーニャ自治州議会選挙が27日、投開票され、独立派政党が過半数を獲得した。ただし、今回の選挙は、1年前にスコットランドで行われたような独立を問う国民投票ではないうえ、独立賛成派は、得票率では過半数に届かなかった。しかし、独立派のリーダー、アルトゥール・マス同州知事は「独立に向けた力と信任を得た」と勝利宣言。18ヶ月以内の独立を目指す公約を履行するとしている。

 一方、スペイン中央政府は憲法裁判所の判決などを根拠に、州が一方的に独立する権限はないという従来の主張を繰り返し、独立を徹底阻止する構えだ。識者らは、現状ではカタルーニャの分離独立の実現性は低いものの、マドリード(スペインの首都)とバルセロナ(カタルーニャ州の州都)の対立は決定的に深まったと見ているようだ。

◆独立賛成派が議席の過半数を獲得
 独自の言語や文化が発展しているスペイン北東部のカタルーニャ自治州は、歴史的に北に接するフランスとの結びつきと独立志向が強い。サッカーのスペイン・リーグでは、「スペイン」を象徴する『レアル・マドリード』と、「カタルーニャ」を代表する『FCバルセロナ』が激しいライバル関係にあるのは、日本のサッカーファンの間でも良く知られている。

 同州ではこれまでにも何度が独立を問う国民投票の実施が試みられてきたが、中央政府が阻止してきた。近年は特に、歴史的なアイデンティティーに加え、比較的裕福なカタルーニャとその他の地域の税負担の不均衡に対する不満が高まっているという。ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は、2012年にラホイ首相とマス知事の間でこの件に関する対立が決定的になり、それ以降、マス知事が独立強行派に転じたとしている。同知事は今回の選挙にあたり、独立賛成派が過半数を得れば18ヶ月以内に一方的に独立を宣言すると表明し、事実上の国民投票とする戦略に出ていた。

 135議席を争う選挙戦では、左右の独立賛成派を糾合した選挙連合「Junts pel Si(共にイエス)」が最多の62議席を獲得。これに極左政党CUPの10議席を加えて賛成派が72議席の過半数を得た。独立反対派は新興中道右派のシウダダノス(市民の党)が25議席、国政では最大野党の社会党が16議席、左派の新興政党「Podemos」は11議席を獲得。国政与党の国民党は8議席減らして11議席にとどまった。各メディアは、反対派の中でも新興勢力が力をつけた事に注目している。

◆得票率では過半数獲得できず
 マス知事は投開票日の夜、バルセロナ中心部に集まった大勢の独立賛成派市民の前で「我々は民主的な信任を得た。全ての反対に打ち勝った」などと勝利宣言。一方、与党国民党のスポークスマン、パブロ・カサード氏はマドリードで開かれた記者会見で、「我々は引き続きスペインの統一を保証する」と、あくまでカタルーニャの分離独立を阻止する考えを繰り返した。さらに、「分離独立主義がスペインを分断しようとしたが失敗した。しかし、カタルーニャは分断されてしまった」と非難し、州内の亀裂が修復できないようであればマス知事は辞任すべきだという見解を示した(NYT)。

 マドリード側が強い姿勢を打ち出している背景には、今回の選挙結果が独立賛成派の「完全勝利」とは言えない状況がある。賛成派は、州議会の議席では過半数を得たものの、得票率ベースでは48%とわずか1議席分過半数に届かなかった。『カタルーニャで独立政党が勝つも完全勝利には届かず』と報じた英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)をはじめ、各メディアもこの点を強調している。NYTは、「スペインの代議員制において、得票率で過半数を得られなかったことは、議論の余地がある。独立反対派は、今回の州議会選挙を国民投票と同等とみなすのであれば、議席数よりも得票率が重視されるべきだと主張している」と記す。

 与党国民党は、憲法裁判所の判決などを根拠に、一方的な独立宣言は認められないとしている。最大野党の社会党も、得票率で過半数を得られなかったのは「失敗」だと強調。同党が国政に返り咲いた暁には、さらに分離独立を封じ込めるために憲法改正に着手するとしている(NYT)。英ガーディアン紙に答えたスペインの大学教授も、今回の選挙結果は「独立派の勝利」ではないとし、スペインを分かつ亀裂をどう修復するかという新たな問題が浮き彫りになったとしている。

◆EUなどは一方的な分離独立を懸念
 カタルーニャ州はスペインの人口の16%と経済の5分の1を占める。スペイン政府・中央銀行は、一方的な分離独立はスペイン経済に壊滅的な打撃を与えかねないと警告している(FT)。EUもカタルーニャの分離独立は「欧州を未知の水域に導く」と懸念を表明しているという。辛くもスコットランド独立を阻止した英キャメロン首相は先のマドリード訪問で、カタルーニャが独立した場合、EUに対して加盟を再申請しなければならないという考えを示した(NYT)。

 ガーディアンに答えた政治アナリスト、ジョセップ・ラモネーダ氏は、今回の選挙結果を受け、「カタルーニャ州政府は独立に向け、前進するだろう」と語る。具体的には、新たな議会を設立し、外務・税務当局、中央銀行などを開設して国としての基盤を築くことだ。しかし、同氏は「誰もそれを認めはしまい」と切り捨てている。

 一方、カタルーニャ州議会に10議席を獲得し、キャスティング・ボードを握る極左政党のCUPは、18ヶ月を待たずにただちに独立すべきだとする急進派だ。同党のアナ・ガブリエル議員は、「アルトゥール・マス(知事)は必ずしも必要ではない」と独自で独立計画を強く進めていく考えを示した(ガーディアン)。

 11月には、スペインの国政選挙が控えている。独立賛成・反対派とも新興勢力が既存政党を脅かすなか、こちらの結果も気になるところだ。

(内村浩介)

外部サイト参考記事

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について