your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

投票棄権で登録抹消か罰金…11日にシンガポール総選挙 首相の前倒し策、吉と出るか?

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

投票棄権で登録抹消か罰金…11日にシンガポール総選挙 首相の前倒し策、吉と出るか?

 11日にシンガポールで総選挙が予定されている。建国50年目の節目に行われる今回の選挙に、海外メディアも注目を寄せている。建国の1965年以来、人民行動党(PAP)がずっと政権を握り続けてきたが、その圧倒的な支持に陰りが見えているからだ。海外メディアは今回の選挙をどのように見ているのか。

◆与党PAPに有利な状況
 ドイツの国際公共放送局ドイチェ・ヴェレ(DW)は、今回も与党PAPの勝利を予想。現職のリー・シェンロン首相が抜群のタイミングで国会を解散、総選挙を実施するからだという専門家らの見方を紹介した。

 リー・シェンロン氏の任期は2017年1月までで、まだ1年半ほど残っている。このタイミングで選挙に踏み切ったのは、今年の3月にリー・シェンロン氏の父であり、PAPの創始者、またシンガポールの「建国の父」と讃えられるリー・クアンユー氏が死去したことが背景にある。それを機に、シンガポールを一から発展させ今の繁栄の礎を築いたリー・クアンユー氏の威光が思い起こされ、さらに先月には建国50周年記念を迎え、その祝賀ムードが一段とPAPの追い風になっているからだ。

「これを受けて、シンガポール人がPAPやリー・シェンロン氏に投票する可能性がより高くなっている。さらにPAPはあらゆる手を使って、PAPへの投票と愛国心を結びつけようとするだろう」とフリードリヒ・ナウマン財団バンコク事務所長がDWに語っている。

 イギリスのBBCも同じ論調で報じた上、さらにシンガポールの選挙制度がPAPに有利に働くようになっていると指摘する。シンガポールの選挙区には2種類あり、6人ほどのグループが競う集団選挙区と1人のみが当選する小選挙区がある。集団選挙区は、少数民族の候補者を組み込むために取られた措置だが、得票が最も多かった政党が総取りとなるため、野党には厳しい状況となる。また選挙資金も、野党が獲得するにはかなり高いハードルが設定されており、PAPに有利に分配されるような仕組みになっている状況を、BBCは伝えている。

◆シンガポールの選挙制度
 実際、シンガポールの選挙制度はどんなものなのだろうか。ブルームバーグが、「シンガポール選挙の変わった点」として紹介しているが、規制がある程度多いのは確かだ。

 まず投票は義務であり、出産などの特別な理由がなく投票しなかった者は、有権者名簿から抹消される。再登録には罰金5シンガポールドルを支払う必要がある。選挙キャンペーン期間もかなり短く、告示から9日間。これは世界的にみてもかなり短いようだ。またクーリング期間として、投票日前日の夕方以降はキャンペーンが禁止されている。

 選挙の調査結果を発表したり、出口調査を行ったりすることも禁止されており、違反者には12ヶ月以下の懲役や1500シンガポールドル以下の罰金という厳しい処罰が課せられる。政治集会の場所も決められており、芸能人などとの共演も禁止。集団選挙区が設定されているのは上述した通りだが、野党にも議席を確保させるため、落選した野党候補者から選ばれる非選挙区選出議員の議席も設定されている。

 すべてがPAPに有利に働くように設定されているわけではないが、選挙キャンペーンが十分に不自由なく行える状況ではないことが、ブルームバーグの記事から映し出されている。

◆国民の間に政権への不満も……
 与党PAPに圧倒的に優位な状況だとされているわけだが、懸念材料がないわけではない。DWは、シンガポールの調査会社ブラックボックスが7月に行った調査結果を引用し、高騰する物価や住居費、不足している公共交通機関の整備、移民問題などへの不満がシンガポール国民の間に広まっていることを指摘。それによると、物価への満足度は42%、住宅価格は53%、公共交通機関は57%、人口政策は61%という結果で、決して高い数字とは言えない。

 BBCも、今回の選挙はPAPの勝利の可能性が高いが、若い世代の間には移民問題やインフラ整備などの政策に対する政府の説明責任を求める声が高まっており、今後の行方は不透明だとしている。

 アメリカのニュース専門放送局CNBCは、今回の選挙の行方も予想通りにはならないだろうと予想。その根拠として、181人の候補者のうち70人が新人であること、さらに今までのような元軍人や学者、官僚などのエリート層とは違い、前職がテレビ司会者だったり、パートタイムのモデル経験者などが出馬していることを挙げている。そして、注目の新人候補者6人を挙げ、顔ぶれの多彩さを紹介した。

1.ダリル・デイヴィッド(男性) 45歳
テレビのゲーム番組の司会として一躍有名に。与党PAP・集団選挙区

2.ハン・フイフイ(女性) 24歳
候補者の中でも最年少の1人。無所属・小選挙区

3.ヘ・ティンル(女性) 32歳
企業の顧問弁護士。8月24日-31日にTwitterで最もつぶやかれた政治家の5位に名前が挙がるほど、よく知られた存在。労働者党・集団選挙区

4.ケヴリン・リム(女性) 26歳
学生時代はモデルやラジオDJも経験しながら、現在はイベント管理とデジタル・マーケティングを行う会社を経営するシングル・マザー。国民団結党・集団選挙区

5.ルイ・グ(男性) 37歳
動物愛護団体の創設者で、数少ないNGO出身の候補者。与党PAP

6.サクティアンディ・ビン・スパート(男性) 42歳
小さな村の出身だが、現在はマレーシア最大の銀行メイバンクのグローバルFX戦略部門のトップ。与党PAP・集団選挙区

 シンガポールの選挙から目が離せない状況となっているようだ。

(阿津坂光子)

外部サイト参考記事

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について