smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

「韓国、2750年には消滅」 日本以上に進む少子高齢化に警鐘 対策に海外注目

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

「韓国、2750年には消滅」 日本以上に進む少子高齢化に警鐘 対策に海外注目

 韓国の国会立法調査処は、22日、少子化が改善されないなら、「韓国は2750年には消滅する」という見通しを明らかにした。

 現在、韓国の人口は5043万人だが、合計特殊出生率(15歳から49歳の女性が一生に産む子どもの平均数)が1.19人のままなら、2056年に4000万人になり、2100年には2000万人へと半減すると予想されている。2200年には300万人まで人口が急減、2256年には100万人になり、その後は500年かけて徐々に消滅していくと予測されている。

【深刻さを増す高齢化問題、高齢者の自殺率が5倍に】
 韓国の深刻な少子化は以前から指摘されてきた。テレグラフ紙によると、2006年に英オックスフォード大学のデビッド・コールマン教授が「韓国は世界で初めて、少子化によって消滅する国となるだろう」と予測した。

 少子化に伴い、高齢化も加速度を増している。経済協力開発機構(OECD)によると、2012年に韓国の65歳以上の高齢者人口は、15歳から64歳の人口を7分の1上回っていた。しかし、2050年までに、高齢者人口は4分の3上回る、とフィナンシャル・タイムズ(FT)紙は報道している。

 高齢者の貧困問題も懸念されている。韓国の高齢人口の49%は国民平均所得の半分以下で暮らしている、と同紙は指摘している。子供が親の世話をするという伝統が廃れ、絶望した高齢者の自殺が急増している。高齢者の自殺率は2011年までの20年間に5倍に増加した。

【教育費負担軽減と公的デイケアサービス】
「韓国が2750年に消滅」という予測には、多くの不確定要素(北朝鮮の問題や朝鮮半島の将来など)や、韓国の移民政策が変更される可能性が考慮されていない、とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は指摘する。

 韓国の出生率が改善する可能性もある。OECDによると、同国の出生率は、低水準だった08年の1.08から近年は回復している。

 韓国政府による少子高齢政策が実を結んできたのかもしれない、とFT紙は分析している。その一つが、塾費用の上限設定だ。韓国の世帯収入の10分の1が塾費用に使われており、重い教育費負担が少子化の原因となってきた。また、就任以来、朴槿恵大統領が公的デイケアサービスを大幅に拡充したことも、出生率上昇に貢献しているのかもしれない。

【日本も少子化で3000年に消滅?】
 少子高齢化問題は日本も他人事ではない。2012年に東北大学が実施した調査によると、人口減で日本は1000年後に消滅する、とWSJは報道している。人口減少が加速度的に進むという点では、上記の韓国の統計とさほど大きな差はない。

 韓国国会立法処の「報告の目的は警鐘を鳴らすことである」とFTは結んでいる。

先進国・韓国の憂鬱 少子高齢化、経済格差、グローバル化 (中公新書) [amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました