high_heel_pumps

世界と逆行、日本が女性にハイヒールを強制?

tokyo

銃のない日本は天国? 帰国したくない在日米国人たち

Matsuoka_signs_the_Soviet-Japanese_Neutrality_Pact

「日本がアメリカではなくソ連を攻撃していたら?」

中国当局、BL小説執筆で女性20名を逮捕  “同性愛差別”と中国ネット上で批判も

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

中国当局、BL小説執筆で女性20名を逮捕  “同性愛差別”と中国ネット上で批判も

 中国安徽電視台の報道番組によると、中国当局は同性愛小説を執筆した罪で少なくとも20人の若い女性を逮捕した。

 同番組は河南省の警察に密着し、「耽美小説網」の管理人(28歳)を逮捕する模様を報道した。警察は、同サイトには同性愛等の淫乱な内容が含まれており、違法であると告発した。サイトのサーバーはその種の内容が合法であるアメリカに所在しているにもかかわらず、閉鎖された。

 警察がそのサイト上で小説を執筆していた若い20代の女性達を逮捕する様子も報道された。若く、いたいけで内向的な彼女達が、なぜこの様なショッキングな趣味に陥ってしまったのか、番組の司会者は終始解せないようであったと米ニュースサイト『Daily Dot』では報じている。

◆二次創作取締り強化、脅かされる言論の自由と人権
 中国当局は最近、ネットからポルノ・コンテンツを駆逐することに力を入れている。去年、中国は225のウェブサイト、4,000のウェブチャンネル、30,000のブログを閉鎖した。一般大衆もポルノや不快な内容が含まれるウェブサイトを発見したら通報するように促されている。

 当局は特に、男性同士による同性愛を描写した二次創作に注目している、と『Daily Dot』は指摘している。これには、日本の「やおい」や「ボーイズラブ」も含まれる。

 同性愛を描写した二次創作が、普通のロマンス小説よりも過激であることは、まずない。しかし、中国当局は、同性愛をテーマにした二次創作を、過激なネットポルノとして取り締まっている。

 安徽電視台の番組中、警官の一人が、同性愛小説を書いたり読んだりすることは同性愛を推奨する行為、として嫌悪感を露わにした。この発言は、中国のネットユーザー達を怒らせた。

「これはサイバースペースの掃除ではない。純粋な差別だ。私が死ぬまでに中国の上に虹(ホモセクシュアルの象徴)の旗が翻ることはないだろう。」等のコメントが微博(中国のSNS)に寄せられた。

◆二次創作の人気は衰えず
 当局による取締りにも関わらず、同性愛をテーマにした二次創作の人気が衰えることはないだろう、と『Daily Dot』は結んでいる。当局が二次創作の執筆者のノートパソコンを全て押収したとしても、二次創作ファンたちがお気に入りの登場人物達の間に寄せる想いを消すことはできないだろうと同サイトは伝える。

 同性愛をテーマにした二次創作は、社会のタブーが浮かび上がらせ、その問題にじっくり取り組むように促す益がある、と米Web誌『Bustle』も指摘している。

オープン化する創造の時代 著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論 (カドカワ・ミニッツブック) [amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました