your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

世界のATM、大半がXPベース サポート終了迫るも、3分の1しかアップグレードされない可能性

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

世界のATM、大半がXPベース サポート終了迫るも、3分の1しかアップグレードされない可能性

 マイクロソフトは、OS「Windows XP」のサポートを4月9日(日本時間)で終了する。2001年の発売後、7年半のメインストリームサポートと5年間の延長サポート期間が満了する。

【発展途上国でリスク拡大】
 サポート終了後は更新プログラムなどが提供されなくなり、セキュリティリスクが高くなる。しかし、いまだ世界で広くATMや医療機器、産業用制御システムなどに同OSが搭載されているのが現状だ。企業は費用を要するシステム更新を先送りにしてきた。

 発展途上国を中心にコンピューターの数が増加していることから、Windows95や98のサポート終了時より、リスクは大きくなるだろうと専門家は見ている(フィナンシャル・タイムズ紙)。市場調査機関ネットマーケットシェアのデータによると、約40%がまだXPを使っている。

 特にWindows海賊版が普及している発展途上国では、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)が増加するだろうと、マイクロソフトの担当者は述べているという(フィナンシャル・タイムズ紙)。

【XP搭載ATMの3分の1しかアップグレードしない】
 世界的なATM大手NCRによると、世界のATM220万台のうち、95%以上がWindows XPで動作しているという。また、サービス停止前に、そのうち3分の1しかアップグレードされないと予想している。

 イギリスの大手銀行5行(ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、HSBC、バークレイズ、サンタンデールUK)は、サービス継続のため、交渉中か既に購入済みだ、とITレビューサイト『Digital Trends』は報じた。

 また、サポート終了までにXPからの移行を完了しない民間・公共機関は多いという。

【アメリカのATMへの懸念も】
 イスラエルのハアレツ紙は、アメリカのATMのリスクも指摘。世界のATMの5分の1に当たる約44万台がアメリカに設置されており、多くの銀行はサービス停止後もしばらくはXPのATMを運用するという。同紙は、金融危機後、金融機関がセキュリティ対策のアップグレードを怠ったという専門家の見解を報じている。

 JPモルガンは、7月にWindows 7への移行を始め、年末までに完了する予定。バンク•オブ•アメリカはサポートを延長する方針で、シティグループはアップグレードの途中だという。

なぜマイクロソフトはサイバー攻撃に強いのか? (Software Design plus) [amazon]

(Newsphere編集部)

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について