guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

中国・アイスランドがFTA締結 北極圏はどう変化するのか?

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

 中国とアイスランドは15日、自由貿易協定(FTA)を締結した。中国が欧州の国とFTAを結んだのは初めてである。両国は2007年に締結交渉を開始し、6年にわたり協議していた。

【両国首脳のコメント】
 ニューヨーク・タイムズ紙は両国首脳のコメントを紹介。中国の李首相は、「ヨーロッパとの初FTA締結は、中欧経済関係に重要な役割を果たすだろう。」と発言。地熱探査やグリーンエネルギーなどの分野での協力強化、氷河や火山、地震などの共同研究と技術協力、海洋と極地共同研究センターの構築に力を入れていきたいと意気込んでいる。
 一方、アイスランドのシグルザルドッティル首相は、「中国との経済貿易を大事にしたい。貿易、投資、地熱、地学、北極、環境保護などの分野における交流と協力をさらに深めたい。」と述べた。
 両国の良好な関係が伺えると報じられている。

【両国の発展】
 アイスランド政府の声明によると、水産物などアイスランドの中国向け輸出は昨年から40%増加し、約6100万ドルとなっており、同国のGDP上昇も見込めるとウォール・ストリート・ジャーナル紙は伝えている。FTAにより、さらにアイスランドは恩恵を受けるとみられる。
 また、原油、ガス、金、ダイヤモンド、亜鉛、鉄といった資源を多く埋蔵する北極圏には、世界から注目が集まっており、中国にとっては、北極圏進出の象徴としての意味合いもあると報じられている。
 実際、中国国営企業の中国石油化工集団公司(シノペック)は、昨年からアイスランドの地熱資源開発のプロジェクトに参加しており、北極圏開発における存在感が大きくなっていると報じられている。

【中国の北極圏への進出】
 中国は、今回のFTA締結を機に、北極圏開発に発言権を持とうとしており、北極海進出に意欲を示しているとフィナンシャル・タイムズ紙は報じた。
 実際中国は、北極圏開発を話し合う北極評議会へのオブザーバー参加を申請。アイスランド首相はこれを支持する姿勢をみせている。しかし、中国が発言権を強めることを懸念する声も多く、欧州連合(EU)は今回の締結に難色を示していると報じられている。

(Newsphere編集部)

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました