your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

イスラエル刑務所で自殺した「囚人X」の謎とは

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

 豪メディアは12日、2010年にイスラエルの刑務所で自殺したオーストラリア人男性「囚人X」について報じた。イスラエル政府は沈黙を守っていたが、13日、その事実を認める声明を出した
 海外各紙は、「囚人X」の経歴に焦点を当てて報道している。

【囚人Xの動き】
 ニューヨーク・タイムズ紙は、このオーストラリア人男性の経歴を詳しく報じた。報道によると、氏の本名はベン・ズィギヤーで、父親はメルボルン本拠の「ユダヤ人文化教育促進協会」の反名誉毀損委員会で常任理事を務めていたという。ベン・ズィギヤー氏はイスラエルで結婚し、弁護士として働いていたとされている。2009年には、経営学の学位を取得するためにオーストラリアで勉強していたという。

 死亡した2010年には、シドニー・モーニング・ヘラルド紙からインタビューを受けている。その記事では、ズィギヤー氏が、イスラエルの諜報機関モサドのために活動していると疑われるオーストラリア=イスラエルの二重国籍をもつ3名のうち1人であるとされていた。ただし、当時そのインタビューを行った人物によると、モサドのために活動していたかどうかという質問をズィギヤー氏が断固として拒絶したという。

 これに関連して、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、オーストラリアの国営放送の番組を紹介する形で、ズィギヤー氏が1990年代半ば、イスラエルに移住した後にモサドに加わったという観測を掲載している。氏はその後数度オーストラリアに戻り、異なる名前でパスポートを取得しているという。
 そして、詳しい経緯は不明だが、2010年の初頭に収監され、同年12月に縊死したという。なお、同紙によると、2010年、モサドがハマスの高官を暗殺するためにオーストラリア人の偽パスポートを利用したと、ドバイの警察が告発しているという。

【3つの謎】
 ウォール・ストリート・ジャーナル紙は今回の事件でまだ解き明かされていない謎を挙げている。一つは、ズィギヤー氏がなぜ収監されなければならなかったのか。二つ目は、高度な監視システムを備える監獄で、氏がどのようにして首吊り自殺を遂げることができたのか(フィナンシャル・タイムズ紙によると、同氏が収監されていたのは最高度のセキュリティが備えられている施設であったという)。三つ目の謎は、ズィギヤー氏の家族が収監以来なぜ沈黙してきたのか。
 これらについて豪メディアでは様々な憶測が飛び交っているものの、イスラエル政府が詳細について沈黙を守っていることもあり、真相はわからない。

【事件と言論統制】
 フィナンシャル・タイムズ紙は、イスラエル政府の言論統制に焦点を当てている。12日の豪紙報道を受けた翌日、イスラエル政府はマスコミ各社を集め”政府の特定の機関(=モサドと見られる)が恥をかくような事件について公表するのは控えるよう”要請したという。野党議員は、ソーシャルメディアを通じて個人が情報を取得できる時代に逆行する言論統制そのものの見直しを政府に迫るという。

(Newsphere編集部)

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について