guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

アップルVSサムスン 「和解」に向け一歩か?

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

アップルVSサムスン 「和解」に向け一歩か? 米アップル社と韓国サムスン電子は、スマートフォンに関する知的財産権をめぐり、アメリカ、韓国、日本、欧州各国など世界各国で訴訟が繰り広げている。主だった判決としては、今夏、カリフォルニア州連邦地裁で、サムスン製品の販売差し止めと賠償金10億ドルという陪審評決が下された。ただ、今月17日には、アップルからのサムスン製品に対する恒久的販売差し止め要求を、同地裁は却下した。この判決に対しては、両社ともにコメントしていない。
 他にも、韓国では両社ともに特許を侵害しているとの判決が下り、ドイツではサムスンの侵害は認められないなど、結果がばらついている。

 こうした中、サムスン電子は19日、英仏独伊蘭の欧州5ヶ国の裁判所で求めていたアップル製品の販売差し止め請求を撤回すると表明。サムスンは声明にて、「裁判所よりも市場で争う方がよい」と考え、「消費者の選択を保護する」ための措置だと発表した。
 一方アップル側のコメントはまだ明らかにされておらず、両社の訴訟合戦の行方は未知数だ。

 サムスン社の措置に対し、ニューヨーク・タイムズ紙は、欧州委員会が同社を独占禁止法抵触の疑いで調査していたと指摘。同委員会は、ワイヤレスネットワークなどのスマートフォンの根幹にある技術は、知的財産権として「公平に、合理的な値段で、かつ無差別に」共有されるべきだとしている。サムスンの姿勢軟化とこの調査の関係は明らかでなく、欧州委員会も調査中のためにコメントはできないと述べた。
 なお、専門家は、「(独占禁止法の観点から)販売差し止めは難しく、焦点は賠償金になる」旨コメントしている。

(Newsphere編集部)

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました