Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

1分でわかる自民党の政策:アベノミクスで景気回復

  • カテゴリー:政治
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

1分でわかる自民党の政策:アベノミクスで景気回復

12月14日に投開票される衆院選に向け、NewSphereでは各党の政策を深く知るため、1)経済成長、2)財政戦略、3)外交・安全保障 の観点から、7点質問を行った。自民党の回答は下記の通り。

◆自民党の回答
1)人口減少が進む中、無理に経済成長を追うべきでないとの思想も出てきています。成長と平等、どちらに重点をおきますか。

平等(所得の再分配)のためにも成長が必要だと考えます。

2)経済成長のための政治の役割について、規制緩和/内需拡大など方針を伺えますか。4年以内に実現したい政策を挙げてください(3点まで)

さらに強力なアベノミクスを実施することにより、経済の好循環を創ります。

3)社会保障制度の維持が危機と指摘されて久しいです。国際的にみると日本の制度は「低負担、中福祉」と言えますが、今後は「低負担・低福祉」、「高負担・高福祉」、どちらを目指すべきだと考えますか

「中負担・中福祉」ではないでしょうか。

4)上記の経済、財政政策に関し、財源をどのように捻出しますか。特に消費税に対しては、いつまでに何%まで増税すべきと考えますか

不断の行財政改革  平成27年4月まで

5)2017年に消費税増税を行う場合、どうやって悪影響をおさえますか(軽減税率、給付など)

低所得者への配慮が必要だと考えます。

6)現時点で、日本の外交における最大のリスクは何だと考えていますか。そのための対策はどうあるべきと考えていますか

近隣諸国との関係悪化。積極的平和外交の推進。

7)4年以内の憲法改正は必要でしょうか。必要な場合、どのように国民に必要性を説こうと考えていますか。

改正は必要。丁寧な訴え。

◆編集部の補足
簡潔明瞭な回答をいただいた。

自民党は「重点政策集2014」でも、アベノミクスの成果を挙げ、「景気回復、この道しかない」と強調している。特に成長戦略について、規制改革、産業投資、法人税引下げなどが語られ、記述量も幅も他党を上回っている。

一方、消費増税に関する「低所得者への配慮」については抽象的記述に留まった。公明党は軽減税率を主張しているが、コスト増や基準をどう決めるかなどデメリットも大きい。自民党としては、まだ明言できない状況なのだろう。

最後に外交課題については、明言は避けたが、中韓との関係悪化を挙げている。11月に日中首脳会談が実現したこともあり、こちらも従来の「積極的平和外交」方針を堅持する意向だ。

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

政治ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました