guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

児童ポルノ禁止法改正へ マンガ・アニメは除外… “受け入れがたい描写”に海外メディアは苦言

  • カテゴリー:政治
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

児童ポルノ禁止法改正へ マンガ・アニメは除外… “受け入れがたい描写”に海外メディアは苦言

 4日、衆議院法務委員会は、児童ポルノの所持に関する規制を強化する「児童ポルノ禁止法」改正案の本会議提出を全会一致で可決した。

 現行法では、児童ポルノの販売や製造、譲渡が禁じられているが、改正案では、「自己の性的好奇心を満たす目的」で児童ポルノを所持する場合も、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

 ここで言う児童ポルノとは、実在する子どもを撮影したビデオ等を指す。漫画・アニメ・CGは、出版界等からの反発を受け、対象から除外された。

【日本は児童ポルノの国際拠点】
 上記のような国内各紙の報道に対し、海外メディアは、児童ポルノの所持は世界で70ヶ国以上が禁止しているのに、日本では合法だったと指摘する。

 豪ABCは、日本が児童ポルノの世界への発信源であると断じ、米国務省が日本を「児童ポルノ製造とそのためのトラフィッキング(女性や少女を国境を越えて売買し売春・強制労働・強制的結婚などを強いること)の国際的拠点」と見ていると報じる。

【漫画表現に厳しい報道】
 今回の改正法案では、「児童ポルノに類する漫画やアニメなどについて…(は)、写真やビデオと異なり被害者も実在しないため、削除された」(読売)という。

 一方、海外各紙は、日本の漫画では児童に対する近親相姦が目につくと批判的だ。東京都が先月、KADOKAWAが発行している漫画単行本「妹ぱらだいす!2 ~お兄ちゃんと5人の妹のも~っと!エッチしまくりな毎日~」を、18歳未満が購入・閲覧できないよう「不健全図書類」に指定したことを紹介している。

 またAFPは、電車内など公共の場でも読まれるような人気漫画にも、西洋人の多くには受け入れがたい性描写がたまに出てくる、と厳しい。

【ジュニアアイドルにも批判的な報道も】
 米『デイリー・ビースト』は15歳以下の「ジュニアアイドル」というジャンルが日本に存在し、人気を博していると報じている。

 同サイトは、10代女性も所属するアイドルグループ「AKB48」のメンバーが、『週刊プレイボーイ』のグラビアで、肌を露出したセクシーな姿を披露していると紹介。

 同サイトは最後に、日本を「児童ポルノの帝国」と表現している。今回の法改正の動きは評価しつつも、氾濫する日本の“ロリコン”表現やビジネスには批判的な姿勢だ。

欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち [amazon]

(Newsphere編集部)

政治ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました