guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

「お金は出すが…」日本の少ない難民受け入れに海外から批判「責任を直視せよ」とも

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

「お金は出すが…」日本の少ない難民受け入れに海外から批判「責任を直視せよ」とも

 内戦で居場所を失ったシリア難民が続々とヨーロッパに流入する中、ドイツをはじめとする西欧諸国だけでなく、アメリカ、オーストラリア、南米諸国なども続々と難民受け入れの拡大を表明している。そのなかで、日本が認めたシリア人の亡命申請はわずか3人。日本の受け入れ体制は世界最低レベルだ、と海外メディアの批判が集まっている。

◆シリア難民の認定は累計で3人、住居提供はゼロ
 これまでに日本に難民申請したシリア人は60人で、そのうち認められたのは3人。30人が「人道上の理由」により、長期滞在許可を得ているという。昨年はネパール、ベトナム、タイなどを中心に過去最高の合計5000件の難民申請を受け、11件を認めた。英ガーディアン紙は「対照的に、アメリカは2013年に2万1171人の難民の亡命を受け入れた。ドイツは1万915人、フランスは9099人だ」と、日本の難民受け入れ数が他国と比べて極端に少ないことを強調している。同紙はさらに、「亡命に厳しい韓国ですら、57人の申請を認めた」と記す。

 また、国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルによれば、日本がシリア難民に提供している住居は「ゼロ」だ。主要国で住居提供を全くしていないのはほかに、ロシア、シンガポール、韓国だけだという。その一方で、各メディアは、今年1月に安倍晋三首相が訪問先のエジプトで、「イスラム国」(IS)との戦いの被害を受けた中東諸国に2億ドルの人道支援を約束したことを指し、「資金援助面ではアメリカに次ぐ2位」だという事実も紹介している。

 とはいえ、英インデペンデント紙は、「2014年に11人の亡命申請を認めた日本」が、「さらに難民に対する制約を強化するかもしれない」と、皮肉を込めて報じている。同紙は、日本は今、申請が通らなかった人たちの国外退去処分の強化や、再申請の制限、新規申請者の事前審査などを盛り込んだルール改正に着手しているとしている。法務省の担当者は同紙に「日本に来る難民の数を増やしたり減らしたりしようとしているわけではなく、本当の難民を迅速に見極めようとしている」と、戦争・紛争から逃れてきた難民ではない、いわゆる“経済難民”の排除が目的だとコメントしている。

◆800万戸の空き家に全シリア難民の2倍を収容?
 各紙の論調は、こうした日本の「金は出すが直接支援はしない」という姿勢に概して批判的だ。ガーディアンは「低い認定率は恥ずべきことだ」「責任を直視せよ」といった識者コメントを紹介。インデペンデントは、先週、難民ら約100人が受け入れを求めてデモを行ったことを参加者の怒りのコメントと共に紹介している。

 また、ワシントン・ポスト紙(WP)は日本人の一部からも「なぜヨーロッパのように受け入れないのか」という声が高まっているとする記事を掲載している。同紙は、より積極的に支援すべきだとする毎日新聞の社説や「世界は彼らに背を向けようとしている。日本も背を向けたままで良いのか?」という中東を専門とするフリージャーナリスト、川上泰徳氏のツイートなどを紹介している。

 WPはさらに、少子高齢化が進む日本で「年金や健康保険を今後いったい誰が負担するのか?」と移民受け入れの必要性を暗示する。また、「日本には既に800万戸の空き家がある」と報じた最近のニューヨーク・タイムズ紙の記事を引き合いに、難民の生活の場は十分にあると指摘。日本在住のテクノロジー・ジャーナリスト、ティム・ホルニャク氏の次のようなツイートを取り上げている。「全シリア難民の2倍以上を収容できる空き家がある日本が、2014年にたった11人の亡命申請しか受け入れなかったのは正気の沙汰ではない」

◆世界の中で日本は……
 では、実際に日本はどれくらい「最低レベル」なのか。豪シドニー・モーニング・ヘラルド紙が各国の受け入れ状況をまとめている。

(ヨーロッパ)
・ドイツ=今年だけで80万人を受け入れることを表明。
・フィンランド=今年の受け入れ予定を昨年の3600人から3万人に増やした。
・ハンガリー=今年14万人以上が入国。その多くがドイツに移動中。南部セルビア国境に高さ3.5mの「壁」を築き、今月15日までに国境を閉鎖するとしている。
・フランス=オランド首相が今後2年間で2万4000人分の受け入れを表明 ・イギリス=キャメロン首相が5年で2万人の受け入れを表明
・バチカン=フランシスコ法王が全教区に最低1家族を受け入れるよう要請
・スウェーデン=今年7万4000人を受け入れる
・イタリア=北アフリカから渡ってきた12万人を受け入れ
・トルコ=世界最多の190万人以上のシリア人が国境を超えて来ている。その約3分の1が政府運営のキャンプで暮らしているが、他は拡散している。

(中東)
・レバノン=110万 〜150万人の認定・非認定難民を受け入れ
・ヨルダン=政府は140万人のシリア人を受け入れているとしているが、国連の調べでは約63万人という数字も
・カタール、UAE、サウジアラビア=裕福な湾岸諸国が援助の手を全く差し伸べていないという批判が人権団体から寄せられている
・イスラエル=シリアと国境を接する国で唯一シリア難民を受け入れていない。

(その他)
・オーストラリア=1万2000人のシリア難民受け入れを表明
・アメリカ=来年までに最低1万人のシリア難民受け入れる。来年は難民受け入れをトータルで5000人増の7万5000人とする。
・ベネズエラ=マドゥロ大統領が2万人受け入れ準備を命じる。
・ブラジル=昨年1405人を受け入れ、今年も「門戸を広げる」と表明。
・日本=昨年、シリア難民を含む5000人が亡命申請し、受け入れたのはトータルで11人(シリア人は累計で3人)。さらに基準を厳しくすることを検討中。

(内村浩介)

小田左介

この有様だと、日本人が難民になっても、受けて入れてくれる国はないな・・・しかし、これほど非寛容な国も珍しい。

musashi

他のすべてのコメントのとおり、日本人は、排外主義的・閉鎖的で見慣れない風貌や習慣の人、日本語の不自由な人に対して強い警戒心と敵意・差別心を抱く民族です。例えば日本に帰国した中国残留孤児(日本人)ですら流暢に日本語が喋れないため日本社会に受け入れられず、生活保護を受けたり、日本での暮らしを見限って再び中国に帰ったりしているほどです。

仮にシリア難民を1000人ほど受け入れると、日本国内でどのような反応が起こるでしょうか?

シリア難民は日本語がしゃべれないのでどこにも就職できず、ほぼ全員が生活保護になります。 生活保護は、自尊心と自活していこうという気力を失わせます。 日本人の生活保護者に対してすら、社会の目は厳しく自殺者が多いです。 まして、外国人ならさらに厳しい視線を浴びることになると思います。 日本社会では、他者に対する思いやり・同情・寛容さ・共感といった感情は希薄です。 ただでさえ、自尊心を失いかけている人々に対して日本社会の厳しい反応が、さらに追い打ちをかけるという状況に追い込まれます。

日本は能面のように無表情で冷淡な社会です。 そして、世代・職業・地位・出自・学歴・民族・出身地・方言・宗教・政治 など、ありとあらゆる「差異」を理由に、互いに差別・対立し合い憎悪し合っています。 一見、日本人がまとまっているように見えるのは、これらの差別や対立が複雑に絡み合っているため、ひとかたまりとして分離できないからです。

シリア難民は「差異」という部分で、明確に分離できるため日本社会において確実に差別・迫害を受ける事になると思います。 日本政府が全力で保護対策を講じれば、短期的には迫害はかなり緩和されるでしょう。 しかしながら、現日本政府はヘイトスピーチを「表現の自由」として容認しています。 したがって、シリア難民が、日本人から差別・迫害された場合、長期的に有効な対策を取るとは思えません。 早晩、政府を揺さぶる危険なナショナリストから「日本人より難民を優先するのか!」といった怒声が飛ぶでしょう。

世界一と思えるこの不寛容さは、ほんとうに残念で恥ずかしいことですが、正直に言ってこれが日本の姿です。 世界から孤立したがっているとしか思えない日本人の態度は全く異常なわけですが、私一人では圧倒的多数を占める「嫌悪の言論」のボリュームに立ち向かえません。

一体、日本がどこまで堕ちてゆくのか? 私はわかりません。 いずれ日本が自然消滅的に世界から見捨てられてしまうのかもしれません。 因果応報。 悲しいことですが私は諦めています。

Seijirou Hara

シリア難民が多数出ていることに何の原因も責任もない日本が、何故元凶である欧米並みに難民を受け入れなければならないのか?そもそもシリア難民が出ている直接の原因はロシア等の空爆によるものであり、遠因であるISISが蔓延ったのは欧米諸国の何百年にも渡る異民族・異教徒虐待の歴史が原因の一つです。また多数の国家が地続きで異民族を受け入れる土壌が出来ている大陸国家群と違い、島国である日本は地理的にも歴史的にも移民を受け入れるような気質ではない。少なくとも現在進行形で難民を増やしている欧米諸国に批判を受ける筋合いはありません。

遠藤正義

空爆をして難民を増やしている欧州とは違うのだよ

Aoi Emi

根本的な大間違い記事!! ・・・その通りです。
日本が受け入れの責任がないのはもちろんですが、そもそも難民受け入れ含めた移民政策で、欧州は国を失うほどの深刻な状態になっています。「日本も欧州と痛みを分かち合うべき」といった誘導には断じて乗ってはなりません。

【移民・難民政策の現実】
欧州移民動画まとめ(1) – 全体・イギリス編
http://www.sakuranokai.org/article/418281380.html
欧州移民動画まとめ(2) – フランス編
http://www.sakuranokai.org/article/418281801.html
欧州移民動画まとめ(3) – ドイツ・スイス編
http://www.sakuranokai.org/article/418381325.html
欧州移民動画まとめ(4) – スウェーデン編
http://www.sakuranokai.org/article/418544271.html

世界中の子供の犠牲を最小限に抑えるには、難民を受け入れないのが唯一最良の策
http://www.sakuranokai.org/article/425370803.html
移民・外国人労働者反対は、感情的な民族主義・排外主義ではなく、極めて論理的な主張です。
http://www.sakuranokai.org/article/417696652.html
移民推進論者の誤った「前提」「仮説」を論理的に検証する(1)
http://www.sakuranokai.org/article/415750274.html
移民推進論者の誤った「前提」「仮説」を論理的に検証する(2)
http://www.sakuranokai.org/article/415808726.html
少子高齢化だからこそ移民を入れてはならない理由(1)
http://www.sakuranokai.org/article/416481003.html
少子高齢化だからこそ移民を入れてはならない理由(2)
http://www.sakuranokai.org/article/416536998.html
(前編) なぜ移民や外国人労働者の増加が犯罪に繋がるのか?
http://www.sakuranokai.org/article/407873534.html
(後編) なぜ移民や外国人労働者の増加が犯罪に繋がるのか?
http://www.sakuranokai.org/article/407873836.html
移民問題はマクロで考えるのが鉄則です(「自分の周りの外国人はいい人」論への反論)
http://www.sakuranokai.org/article/406855968.html
「○○人は悪い人たちではない」と、「共生できるかどうか」は全くの別問題です。
http://www.sakuranokai.org/article/412428587.html

Mia0101

根本的な大間違い記事。空き家問題が欧州で大々的に報道されているのは、難民による負担増加の不満を日本に向ける筋書き。空き家があろうとなかろうと、欧米がその使い方に口を出す権利はないし、日本は欧州が優秀な人材を掬い取った残りを捨てるごみ箱ではない。また、一般の人が英語もそれなりに話せる欧州と違い、一般的な日本人は英語を話せないから、難民がすぐに仕事に就くことはほぼ不可能。まして日本に来たいとも思ってない難民を受け入れても、日本文化を積極的に学ぶ動機があるとは思えない。欧米の身勝手な論理に踊らせられるわけにはいかない。中東の紛争の陰には欧州の歴史的関与があるのだから、難民の受け入れは欧州が責任を持つべき。

Mia0101

欧州とは根本的な土壌の違いも大きいはずです。欧州では一般の人も英語をかなり話せますから、最初から難民と最低限のコミュニケーションをとれます。これは労働力として即戦力かどうかの重要なカギになります。が、日本では日本人が英語を話せない。難民が積極的に日本語を学び日本の文化に溶け込もうと努力しないかぎり、永遠にお荷物です。日本で見かけるたくさんの外国人たちは、自発的に来たから積極的に溶け込んでいるだけです。ドイツに行きたたかったのに日本に送られて来たら、「なんで受け入れたんだ迷惑だ」と逆恨みされても仕方ありません。

最近も不法滞在のムスリムが拘留中に豚肉が出されたことを問題にしていたように、ムスリムにとって大切なのは日本の法律ではなくイスラムの法です。日本人に、イスラム法を学びイスラムの教えに従って彼らを扱うように要求し、間違ったら人権侵害だとこっちが非難されるのです。情報の拡散が早い時代ですから、腹を立てたムスリムが報復に中東でまったく無関係な日本人を殺すかもしれないのです。A君がB君に豚まんを出したら、ムスリムが怒ってC君のお父さんが中東で殺されたということになりかねません。ムスリムを「受け入れる」とは、結果的に「ムスリムに仕える」と同義になるでしょう。次の世代にそんな負の遺産を残していいのでしょうか?

記事の通り、今欧州では日本での800万個の空き家問題が大々的に報道され、難民による負担増加の不満が日本に向けられる筋書きが出来ています。そんな偏向報道に日本の知識人まで踊らされているのかと、恐ろしく思います。NewSphereの「洗練された大人へ国際視点を提供する」というのは、「欧米の独善的な報道を鵜呑みにする」と同義ではないはずです。日本に一体どんな責任があるのか、問題点をきちんと提起して頂きたい。

Maho Yamada

勉強不足で日本を何も知らないバカな海外メディアが批判したところで、我が国が難民を受け入れるわけがありません。日本は紀元前から現在まで単一民族です。欧米のようにゲルマン民族の大移動や新大陸発見をして国家を作ってきた民族ではないのです。人種のるつぼが当たり前の国と同じように扱うなど言語道断です。無知の海外メディアどものせいで、戦後の歴史さえデタラメにされている。そんな奴らの口を全て塞いでやりたい。

Matsuhisa Nishikawa

根本的な大間違い記事!!。かつてヨーロッパ諸国がどれだけ中東やアフリカから植民地政策により利益をむさぼったか、又、宗教対立を何世紀も重ね互いに殺し合ってきたか。世界大戦以前の事実からみれば、西欧諸国は難民どころか、植民地化していたすべての国家のすべての国民を受け入れても足りないくらい。領土や宗教的にも何の侵略も犯してない日本が人道的な責任範囲で受け入れするだけでも充分かと。反面、同じ根拠で中・韓は未来永劫難癖も付けてくるでしょうけど・・・。

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました