guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

日本初、グーグルに検索結果削除命令 EU「忘れられる権利」判決も影響

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

日本初、グーグルに検索結果削除命令 EU「忘れられる権利」判決も影響

 日本人の男性が、グーグルに対し検索結果を削除するよう求めていた仮処分申請に対し、東京地裁は9日、検索結果の一部を削除するよう命じる決定を下した。男性は、自分の名前を検索すると、事実とは異なり、過去に犯罪行為をしたかのように連想させる結果が多数表示され、人格権が侵害されているとして、処分を求めていた。

◆人格権の侵害
 東京地裁はグーグルに対し、男性が過去に犯罪行為をしたかのように連想させる230件の検索結果の内120件を削除するように命じた。

 東京地裁(関述之裁判官)は、「検索結果から『男性は素行が不適切な人物』との印象を与え、実害も受けた」として男性側の請求を認めたという。

 男性の代理人の神田知宏弁護士は、「ネット上で、プライバシー侵害を受け、心身ともに傷ついている多くの人にとって今回の決定は大きな朗報だ」、とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙に語っている。

◆グーグル「サジェスト機能」訴訟
 グーグルの「検索結果」を削除するよう命じる仮処分決定は、国内で初めてではないかと言われている。

 昨年4月、グーグルの「サジェスト機能」(検索キーワード予測)により名誉を傷つけられたとする男性の訴訟に関し、東京地裁は表示差し止めを命じていた。しかし、1月の控訴審で、東京高裁は、一審判決を取り消していた。

◆「忘れられる権利」
 近年、検索エンジンがユーザーに何を伝えるべきかに関し、世界中で議論が巻き起こっている。

 欧州連合(EU)の最高裁判所に相当するEU司法裁判所は5月、個人が自分の名前を検索した際に表示されるリンクについて、グーグルなど検索エンジン運営会社が削除義務を負うとの判決を下した。

 同判決は、個人の「忘れられる権利」を認め、古い、または不適切な情報へのリンクを削除するよう要求する権利を個人に与えている。

 WSJによると、グーグルは、5月29日からリンク削除要請の受け付けを開始し、木曜日の時点で、49万7507件の削除要請を受け、42%を削除した。

 EUの判決が、プライバシー権の勝利とする見方もあれば、ネット上の情報検閲に繋がると警告する声もある、とAPは指摘する。

 今回の東京地裁の決定は暫定処置であり、EUの司法裁判所の命令よりは影響が少ないと見られている。それでも、言論の自由か、それとも、プライバシーの尊重か、世界中で盛り上がっている議論に、さらに油を注ぐことになるだろう、とWSJは指摘している。

削除判決後検索エンジンから消すには: googleなどの検索結果から削除する方法をレクチャー [amazon]

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました