babymetal_concert

BABYMETALオランダ公演、往年メタラーも絶賛

what_the_fax

“まだFAXを!?” ITに保守的と海外が驚き

french_carbonara

イタリア人騒然…衝撃のフレンチ・カルボナーラとは?

“まるでスマホゾンビ”日本の「歩きスマホ」問題を海外紙報道

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“まるでスマホゾンビ”日本の「歩きスマホ」問題を海外紙報道

 日本では、歩行中の携帯電話やスマートフォンの利用が問題になっている。NTTドコモを始めとする各社は「歩きスマホ」への注意を喚起し始めた。海外メディアは、日本のスマホ事情を報じている。

【スマートフォン利用者の急増】
 スマホは日本でブームが最高潮を迎えている。2012年には人口のたった4分の1だった利用者が、現在ではすでに人口の半数にも及び、さらに増え続けている。

 子どもたちの間でもスマホ利用者が増えており、内閣府の調査では、13~15歳の学生の半数以上が携帯電話を所有、その内52%がスマホを使用している。2010年の2.6%に比較しても利用者数が驚異的に跳ね上がった。

 その便利さからも利用シーンは広がっているが、弊害として「歩きスマホ」が問題となることとなった。

【「歩きスマホ」の危険性】
 BBCは、「日本はスマホと“歩きスマホ”の時代に突入」という見出しで、NTTドコモの仮想CG動画について報じている。朝日新聞デジタルによると、CGは渋谷のスクランブル交差点という日本有数の通行量を誇る交差点を、1500人がスマートフォンを操作しながら5つの方向から一斉に渡り始める設定だ。

 研究者によると、「歩きスマホ」によって歩行速度が落ちるばかりでなく、視野は通常の歩行時の約20分の1に狭まる。対象物にも1.5メートルまで近づかなければ気付かない。結果、400件以上の衝突が起こり、無事に横断できるのは1500人中547人のみとなった。5人に1人が事故に巻き込まれたり、怪我をしたりするという結果になった。

 『The Daily Dot』には、次のようなコメントが寄せられている。
・こんな動画を見るなんて時間の無駄。
・なんで全部見ちゃったんだろう。
・渋谷?なるほど。
・議論の余地がある。
・スマホ・ゾンビ・アポカリプスだ。

【「歩きスマホ注意アプリ」】
 この問題に関して、携帯キャリア3社もさまざまな取り組みを行っている。

 モバイル関連情報サイト『ケータイ Watch』によると、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルに続く取組みとして、auは「歩きスマホ注意アプリ」提供を開始した。スマホの画面を見ながら歩いていると、警告が表示される。半透明の画面で表示され、それまで使っていたアプリを操作でき、作成中のメールやプレイ中のゲームをいったん保存することもできるという。

↓リアルなクールジャパンを知る!電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選」発売↓

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました